title.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菜@本八幡

200802280732472
20080228073247
仕事の帰り道、食べに行く予定ではあったのですが嫁さんから強く「一軒だけ!」と強く念押しされ、仕方がないと諦めたものの当初予定していた松戸方面の攻略意欲は消沈し行くお店をどこにするか迷ってしまいました。

そこで頭に浮かんだのは菜、前につけ麺を食べたっきり行って無かったのでラーメンを食べに行くことにしました。

菜に着いてみるとまだ限定が残っているようでしたが小豆と鮟鱇という素材にいまいち惹きを感じず普通に豚骨醤油のらーめんとチャーシューご飯を注文しました。

チャーシューの旨さは相変わらずハイレベル、ローストポークのような絶妙な火の通し加減で柔らかくジューシー。
チャーシューご飯にかかったタレも甘味の無いながらもご飯とチャーシューに合っていて旨いです。

豚骨醤油のらーめんのスープは豚骨醤油魚介。
スープに粘度は無くサラッとした印象、豚骨の旨味はキチンとでていますが乳化は軽い感じでまろやかさは余りありません。
甘味も無く、全体的に豚骨よりも魚介寄りで節の香りを強く感じました。

麺は太麺、柔らか目に茹であげられており、スープとのバランスも良かったです。
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

まあるい塩 海皇@本八幡

20080201081751
20080201081750
本八幡に残していた最後の宿題店「海皇」に行ってきました。
過去にも行こうとしたことはありましたが、ろくに事前調査もせずに行き、定休日にぶつかったりしていました。

今回は無事に開店していました。

注文したのは塩鶏そば、こってりに分類されていますが、実際はかなりアッサリとした印象でした。

スープはうっすらと白濁した鶏スープ、鶏の味が強く出ている印象はあまり無く、野菜などの甘味が感じられます。
塩分はかなり大人しい印象で、野菜の甘味のせいもありメリハリに欠けるという印象でした。

麺は太麺ながらピロピロとした食感が印象に残る多加水の縮れ麺。
スープ自体は持ち上げるものの、個人的にじんわりタイプスープにこの麺では強すぎるのではないかという印象でした。

具も一つ一つは丁寧でいいのですが、全体のバランスで見た時、白髪ネギが多すぎる印象でスープ自体の印象をガラリ変えてしまう程でした。
個人的にネギの香りが突出して強く出るのは好きではない私の好み故の感想ですが、ネギ好きな人にとっては味変としてアリかもしれません。

正直、スープが優し過ぎると感じていたのですが、テーブル上に設置してある小笠原の海水塩を加える印象はガラリと変化。
角のないまあるい印象の塩味が増しスープの輪郭がハッキリとしてきて美味しいとの印象に変わりました。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

アッサリ らーめん松信@南行徳

070205_1940~0001.jpg


まごころ厨房を出た後、久しぶりに向かったのは南行徳の「らーめん松信」。

今回注文したのは竹岡式のスープに自家製麺を合わせたチャーシュー中華そば。

20071004081714

チャーシューはあいかわらず旨い!!
スープはじんわりとくる旨味が感じられ、自家製麺も素直に旨いと思いました。

しかし、個人的な好みの範疇かもしれませんが、残念ながら個人的には竹岡式の方がバランスが良く、中華そばは麺にスープが負けているように感じました。
勿論、一時間半前にまごころ厨房で坦々つけ麺を食べている影響もあると思います。

本家の「梅乃屋」もそうですが、基本的に竹岡式のスープは弱いです。
梅乃屋は麺が乾麺であることでバランスが取れていいます。
竹岡式インスパイアを出しているra2や麺屋福一は、スープそのものを大きくパワーアップさせています。

らーめん松信のスープは、梅乃屋より更に繊細。
乾麺の竹岡式の方がバランスが取れているように思えました。

明らかに化調が抑えてある難しい領域への挑戦。
一件目に来るべきだったと自己反省した一杯でした。

住所:市川市南行徳1-14-10
定休:火曜・水曜
営業:12:00~14:30/18:00~21:00

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

千葉を代表する背脂ラーメン なりたけ@本八幡

070607_1807~0001.jpg

仕事を終えて帰宅しようとカエルコール。
子供の世話で疲れ切っているようで、「今日は食べてきて、でも早く帰ってきて」との無理難題。(^_^;

そうなると帰り道の途中下車しか選択肢はありません。つまり、実質的な選択肢は本八幡、北習志野しかありません。
ってなわけで、早々に本八幡に決定しましたが菜となりたけで悩みます。

悩んだ挙げ句、レポを書いてないということでなりたけに決定。

本八幡駅の北口を出、右手にバスステーションを見ながら北へ、松屋の手前の道を左に入るとなりたけがありました。

かれこれ一年以上ぶりの訪問、カウンター席が20席ほどで、二年前は常に満員のイメージでしたが、今回は五割弱の入りで随分客足が落ちた印象でした。

今回はチャーシュー麺+辛ネギをギタギタで注文しました。

しばらくしてラーメンが出てきました。
20070621140600

相変わらずのビジュアルながら昔より若干背脂が減った印象です。

また、このラーメンが旨い!
スープはしょっぱ目、背脂系にしては旨味とコクがしっかりしており、そこに背脂が加わることで強いパワーとインパクトを感じることができます。

麺は珍来製の太麺でジャンクなスープと相性が良く、旨い!

具も単品としては特筆することは無いのですが、とにかくラーメンとの相性がいいです。
昔はこれだけ具を入れるとスープが冷めてしまうことがありましたが、その辺りも改善されているようです。
チャーシューなんかは昔より厚みが有り、いい感じでした。

一時期、味が落ちて足が遠のいていた「なりたけ本八幡店」ですが、今回は全盛期以上の見事な一杯でした。

昔、なりたけが好きで通っていた方にこそ是非とも試して欲しいです。

住所:千葉県市川市八幡2-16-20
電話:047-336-1171
営業:11:00~翌03:00
定休:水曜

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

だんちょうてー@本八幡

070606_1849~0001.jpg

まついの6月限定を食べ終わった後のことです。

……。食べ足りない。(^_^;
そりゃ、朝昼抜いていれば食べ足りないのは当然かも。(^_^;

と、いうわけで二軒目に向かったわけですが、塩ラーメン狙いで行った海皇は定休日。
場当たり的に行くとこういう失敗をします。

ここでやる気無しモードに移行、菜やなりたけまで歩くのは面倒くさいし、源太は既食の辛味そば以外に惹きがない。
ってなわけで消極的にだんちょうてーへ。

今までは全部入り薄口ばかりだったので、鯛塩ラーメン、味噌ラーメンとも悩みましたが、今回は濃口つけ麺を注文しました。

070606_1841~0001.jpg


しばらく待っているとつけ麺が出てきました。

20070618083428

麺の上に炭火焼きチャーシュー(直前にも炭火で炙られています)三枚、青菜、刻み海苔、味卵、メンマとなかなか豪華なビジュアルです。
つけ汁は釜飯っぽい容器で提供されており、かなり熱されているのか非常にアツアツでした。

まず麺を一口…。浅草開化楼の太目の中太麺、独特のポクポクとした食感で美味しいです。

つけ汁は醤油を強めに効かせた魚介がビシッと効いたつけ汁で甘酸はほとんど効いておらず、唐辛子の辛味が効いています。方向的にはラーメンと同じで分け麺的な印象。魚介の酸味が出ているので好みが別れるかもしれません。

チャーシューは目の前で炭火で炙ったものが三枚、このチャーシューが相変わらず絶品!!凄く旨いです。
他の具にも穴がありません。

ただ、このお店のメニューでチャーシューを生かしているのはつけ麺よりもラーメンと感じました。
味噌ラーメンを食べてないのでまた食べに来たいですね。

住所:千葉県市川市南八幡4-7-12
電話:047-370-3324
営業:11:30~翌3:00
定休:なし

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ


FC2カウンター
プロフィール

Jax

Author:Jax
中年の子持ちSE。
らーめん大好き。
家族大好き。
でも、食べ歩きは家族に内緒。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ

最近のコメント
最近のトラックバック
Blogランキング

ブロとも申請フォーム
アクセス解析
Blogペット
ブログ内検索

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。