title.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無化調とんこつ魚介 麺屋あらき@実籾

20080213081320
たまには近所の未訪問店にでも行ってみるかということで「麺屋あらき@実籾」へ。

嫁さん好みらしき店を新規開拓するのが目的です。
自分が味見をせずに連れて行くと私は良くても不評なことがあるので…。(^_^;

はてさて、この「麺屋あらき」ですが、船橋の「麺屋あらき 竈の番人」の荒木氏が麺屋武蔵での修行を終えて独立した時に最初に開いたお店です。
今では荒木氏の御両親がお店を守られているそうです。

注文したのはチャーシュー麺。
程なく待って出て来たラーメンは開店時(麺屋武蔵的な和風ラーメン)とは違う「麺屋あらき 竈の番人」と同じ濃厚とんこつ魚介。
スープや麺の味わいなども基本的に「麺屋あらき 竈の番人」と同じですが、玉ねぎの火の入れ具合など細かい所が色々違います。

総じて「麺屋あらき 竈の番人」の方がいいですが、便利な方に行けばいいかなと思える程度の差でしかありませんでした。

うちはこちらの方がずっと便利なのでちょくちょく利用しそうです。
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

CW冬の陣 冬景色 無限大@津田沼

20071218114842
客先の仕事を終え、家路へ付こうと嫁さんにメール。
…。まだ帰宅してはダメだそうです。(ノ_・。)
幸いにしてラーメンの許可が出たもののいかんせん中途半端。

行きたいお店で丁度いい開店時間のお店がありません。
よってCW限定が始まったばかりの通し営業の無限大へ。

お店についてみるとお店は予想外に広々、厨房も広く、カウンタースペースも広く、テーブル席まであります。
船橋店とは雲泥の差です。

こちらのお店、佐貫大勝軒の系列でいわゆる角ふじと同じメニューを出すお店。
店内には山岸氏の言葉の色紙や写真、丼などが飾られています。

また、船橋の無限大とは違って中盛りをデフォで選択出来、カツオの魚粉と醤油漬けのにんにくがテーブルの上に置かれていて自分でラーメンに投入することができます。

閑話休題、CW限定の「冬景色」を注文しました。
麺茹でに時間がかかっているということは…。
と、思っていたらラーメンが出てきました。

出てきて一番に感じたのは色合いの美しさ。
クリーム色のスープに……。
…?
!! 背脂が浮いてます!(笑)
お店の色をキッチリ残しているんですね。

それはさておき、白いネギ、赤と黄色のパプリカ、温野菜のニンジン、ネギ、ブロッコリー、ジャガイモが色とりどりでなかなか美しいビジュアルです。

スープは牛乳やバターの風味が感じられるクリーミーな味噌スープ。背脂は流石に意外でしたが無限大らしからぬ優しい味に仕上がっています。
温野菜との組み合わせはまさにクリームシチューといった印象で面白い。
また、このスープにパプリカの香りがよく合います。

麺は極太の太麺で角ふじでお馴染みのもの。非常に固く、啜るというよりはかじる麺といった感じ。
ぽっぽっ屋@馬喰横山もそうなのですが、こういう極太のやたら硬い麺は個人的に苦手。(^_^;
しかし、無限大としての個性は充分な一杯でした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

学生街の小さなお店 たいふう@京成大久保

070701_1944~0001.jpg

日曜日、疲れ切った嫁さんが夕食を作る気を無くし、外にラーメンを食べに行っていいことになりました。

候補は近辺の宿題店、中でも負死鳥カラス氏のブログで気になっていた「たいふう二号@京成大久保」に行くことにしました。

京成大久保は私が就職のため上京して初めて住んだ街、駅から大学まで直線で商店街が続いています。

その商店街の一角、パチンコ屋の向かいの路地に「たいふう二号」はありました。
お店は細長く、手前にカウンター5席があり、その奥にカウンターに並ぶように厨房があります。

このお店、基本メニューは一つしかありません。正確に言うと二つなのですが、曜日によって二つのメニューが切り替わるため、お店ではメニューを二つから選べないのです。
月水金日はつけ麺、火木土は油そばというように決まっています。

070701_1945~0001.jpg

この日は日曜日、つけ麺を400gで注目しました。

程なくつけ麺が出てきました。
20070718090221

麺は浅草開化楼の太麺。
滑らかでありながら、シッカリと味と香りする美味しい麺です。

これに合わせられるのは、とんこつの旨味のしっかりとしたつけ汁。
甘辛酸は殆ど無く、濃度自体はさほど高くは無い感じでサラッとしているのですが、旨味に不足感は全く感じられません。

麺をつけ汁に漬けて食べるとこれが旨い!
ニンニククラッシャーで生ニンニクを投入すると、角ふじや二郎を思い出させる味わいになります。

残念だったのは、麺の上に乗って出てくる豚しゃぶ。パサパサ感が強く、個人的には要らないかなと思いました。

しかしながら、非常にバランスが良く美味しい一杯でした。

住所:千葉県習志野市大久保1-18-5
電話:047-437-0009
営業:11:00~15:00,17:00~23:00
定休:不定休

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

千葉 No1 の人気店 必勝軒@津田沼

20070424080502
最近、ra2効果かはたかくる効果かブログに千葉県からのアクセスが増えています。
しかし、私のブログには重要なお店の情報が結構抜け落ちています。
行動範囲からすると最低限、船橋、習志野、八千代、市川、鎌ヶ谷は押さえておきたい所ですが完全に虫食い状態。(^_^;
勿論、未訪問のお店もありますが、ブログを始める前に行ったことがあるお店もあります。

その虫食いの穴になっているお店はざっと挙げると以下の通り。
船橋 麺屋あらき竈の番人 赤坂味一
津田沼 なりたけ 必勝軒 好
京成大久保 二郎
馬込沢 目黒屋
行徳 にんにく
妙典 杏樹亭
八千代市 のなか きちえもん ヨシベー 恒麺 パンケ ごんべえ

こんな感じで松戸、千葉は更に宿題だらけ。
柏市に至っては手付かずというまだまだの状態です。

そんな中、この状況を少しは改善しようとこの日は津田沼に向かいました。
津田沼駅の南口を出、津田沼駅を背に左に千葉工業大学を見ながらマロニエ通りを直進、千葉工業が終わった所に今回の目的のお店「必勝軒」があります。

必勝軒の店主小林さんは元々は「英國屋」(紳士服)の優秀な営業マンだったそうです。
東池袋大勝軒の味に惚れ込み、仕事を辞め東池袋大勝軒の山岸氏に弟子入りを志願しましたが、この時は厨房がいっぱいで弟子入りできませんでした。
山岸氏の勧めで永福町大勝軒に入り6年間修行した後、東池袋大勝軒での修行を許され、修行した後「必勝軒」を開業したそうです。

閑話休題、必勝軒に到着すると雨の日の18:30にも関わらず行列が既に11人でした。
さすが、火曜日の濃厚スープの日だけあって、雨の中でも行列になっています。
12人目に並び30分待ちを覚悟しましたが、回転が良く15分程度で入店することができました。

店内はらーめんを作るかけ声が響き、活気があります。
また、接客が素晴らしいことで知られているだけあって気遣いも細やかです。

今回はもりそばを麺多目(2.5玉)で注文しました。

ほどなくもりそばが登場しました。

まず、麺を一口・・・。旨い!!
ウェーブがかかった中太麺は、見た目が大勝軒ライクでありながらもコシがしっかりしていてます。
熟成度は低く、小麦の味と香りも良く美味しい麺です。

つけ汁は、見ただけでとんこつの濃度が非常に高いことがわかるくらい濃厚なもので、甘辛酸は殆ど無く、少々しょぱ目、濃厚なとんこつの味が中心なのですが、魚介の味がとんこつの味に深みを与えています。
濃度自体はぼたん@大塚に匹敵すると言っても過言ではないような気がします。

これに麺を漬けて食べるとめちゃめちゃ旨い!!
あっと言う間に2.5玉の麺が消えてしまいました。

スープ割りも少々しょっぱめなのですが、「しょっぱかったら言ってね。スープ足すから。」と言ってくれるので遠慮しないでいいように思わせてくれる所がさすがですね。
本当に接客も素晴らしい。

さすが千葉No1と言われ続けるお店は、味も接客も素晴らしかったです。

スープ
月曜日 バランススープ
火曜日・水曜日(昼) 濃厚スープ
木曜日・金曜日 魚介スープ
土曜日・祝日 オールマイティスープ

住所:千葉県習志野市津田沼2-5-9
電話:047-474-8283
営業時間:11:30~14:00、18:30~21:00
定休日:日曜日

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

手打ちラーメン ちゃま@京成大久保

chama_mukasifuchashumen.jpg


今回も家族でラーメンに出かけました。
今回向かったのは千葉県で唯一一番胤暢番と同じとら食堂出身の手打ちラーメンちゃま@京成大久保です。
先日、一番胤暢番に伺ったので、これ幸いと比較のため伺いました。

昔風チャーシュー麺とちゃまチャーシュー麺の食券を購入して席にすわりました。

そして、しばらく待ってラーメンが出てきたのですが、これが全く白河中華そばと違うものでした。
スープは白濁し、スープの表面をラードの膜が覆っています。

スープを一口…。一番胤暢番と全然違う。とんこつを前面に、とりがら、干ししいたけ、野菜などが効いた独特のスープです。ちゃまラーメンは多少醤油が立っているのに対して昔風ラーメンは魚醤を抑え目に使っているらしく、マイルドな印象でした。

麺もまるで違って、低加水の太麺でした。麺とスープの相性はなかなかいいです。
具の炭焼きチャーシューは炭焼き独特の香りがよく、これがなかなか旨い!

以前は白河中華そばのスタンダードな印象のお店でしたが、京成大久保二郎の影響なのか、近くの大学生の好みに合わせた結果なのか、随分ジャンクなラーメンに変わっていました。

ただ似たスープもなかなか無いと思うので未経験の方は一度試してみるのもいいかもしれません。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ


FC2カウンター
プロフィール

Jax

Author:Jax
中年の子持ちSE。
らーめん大好き。
家族大好き。
でも、食べ歩きは家族に内緒。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ

最近のコメント
最近のトラックバック
Blogランキング

ブロとも申請フォーム
アクセス解析
Blogペット
ブログ内検索

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。