title.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都銀閣寺ますたにラーメン@日本橋

20070228095549
こんどう軒を後にして、向かったのは京都銀閣寺ますたにラーメンです。天下一品、新福菜館と並び、京都で有名なラーメン店です。

ここ日本橋店は、他の支店よりも京都の本店の味に一番近いらしく評判もいいので行って来ました。九条ねぎを使っている支店もここだけだそうです。

お店は清潔感があり、カウンター20席程度、普通のラーメンが700円と割高感がありますがライスがサービスであることを考慮すると妥当な価格かもしれません。

今回は初訪問なのでラーメン+半熟煮卵を注文しました。

程なくラーメンが出てきました。
茶濁したスープに背脂、たっぷりの九条ねぎが京都のラーメン店であることを主張しています。

まずスープを一口…。見た目に反してやさしい味です。背脂、スープ、辛味のあるスープの三層からなるスープは口の中で味の変化が起こりなかなか面白いです。

麺は低加水で細目の麺です。
麺とスープの相性は悪くないと思いますが、やさしいスープに対して九条ねぎの味が目立ちます。

チャーシューは薄切りで味は薄目です、ノーマルで三枚とお得感があります。

個人的にはネギが強い(基本的に青ねぎが苦手)と思いましたが、ネギ好きの方にはいいかもしれません。

京都の有名店の味を東京で味わえる貴重なお店のラーメンは面白い一杯でした。
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

驚異的な安さ こんどう軒@日本橋

20070227110311
仕事帰りに日本橋へ。
この日は悩んだ挙げ句の日本橋攻め。

一軒目は日本橋の高島屋のすぐ横にあるこんどう軒です。

いかにも古い大衆食堂といった佇まいで、店は昭和の香りがします。店内も同じで昭和の食堂のような感じです。4人がけのテーブルが4つほどあり、仕事帰りに飲んでいるグループが3組ほど談笑していました。
客席のある一階フロアにはキッチンは無く、上のフロアで調理しているようです。
テーブルに座り、メニューを確認。基本的にラーメン店というより中華料理店と言った方が正しいようです。沢山あるメニューの中から驚異的に安いラーメン(450円)を注文しました。

しばらくしてからラーメンが出てきました。

見るからに昔ながらの中華そばという感じです。
まずスープを一口…。鶏ガラが効いたスープは若干甘めで、中華料理店のラーメンらしいラーメンです。
麺も至って普通の麺なのですが、スープとのバランスが良くなかなか旨い。
そして特筆すべきはコークスで焼き上げたというチャーシュー、これが外側が固く内側が柔らかいという独特の食感で旨い!!
店の雰囲気は一種独特なものがあるので、得手不得手があると思いますが、なかなか美味しい一杯でした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

やっぱり来ちゃった 魂麺まつい@本八幡 魂麺+チャーシュー

konmen070221-2.jpg

菜を出て向かったのは、魂麺まつい。
前回来た時に店主の山西さんから「子供連れでも大丈夫」と聞いていたので行って来ました。

嫁さんの好みっぽい太魂と私が食べたい魂麺を注文しました。

子供をなだめながらラーメンを待ちます。子供はちょうど伝い歩きができるようになった時期で好奇心の塊みたいなものでなだめるのに少々苦労しました。(^_^;)
しばらく待って魂麺が出てきました。

いやぁ、やっぱり旨い!しっかりと旨味のある鶏スープに中太麺の組み合わせ。極めてスタンダードでありながら本当に美味しいです。

ふと隣を見ると満面の笑顔で太魂をそそる嫁さん。しかも手放しで絶賛、完全に好みにハマったようです。
気に入ってくれてよかった。本当によかった。(ノ_・。)これで少しはラー食対する風当たりも弱くなるのではと期待しました。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

菜@本八幡 濃い口醤油とんこつつけ麺

sai_koikuchishoyu_tsuke0222.jpg

家の用事で休暇だった水曜日、午前中で用事を済ませて妻と息子とラーメンを食べに行くことになりました。
当初、成田攻略終了を狙って福一@成田を狙っていたのですが、電話で確認してみると店主さまが体調不良のため臨時休業とのこと。
(電話してみてよかった)

嫁さんからは確実に美味しい店との厳命があったため、千葉市緑区辺りを候補にしましたが、カーナビが一時間以上かかると言うのであえなく嫁さんにより却下。
船橋も候補に上がりましたが、嫁さんに確実にウケる自信がないため却下。
松戸はやはり遠いので却下。
というわけで、本八幡に向かうことにしました。

幕張から京葉道路を使って30分強で本八幡に到着。コルトンプラザに駐車して向かったのは菜です。
菜に着いた時、ちょうどスポットにはまりアッサリ座ることができました。

久しぶりにメニューを見たのですが味噌が増えていてラーメンのスープの種類が沢山あります。
味噌だけで、赤、白、麦とあり、少々通っても全ラーメンを食べるのは簡単では無さそうです。つけ麺も同じだけの種類のつけ汁があるのですから、かなりの数になります。

自分は濃い口醤油とんこつのつけ麺、嫁さんにはとんこつ醤油のラーメン+チャーシューを注文しました。

しばらくしてつけ麺が登場。
まずは麺を一口…。旨い!!しっかりと味と香りのする美味しい太麺です。サッポロめんフーズの麺で全粒粉なのかポツポツと所々に茶色い斑点がある麺です。
茹で具合も申し分ないです。

つけ汁は濃い口醤油のとんこつのため、醤油がしっかり効いたつけ汁、勿論しょっぱ目で醤油のカドも立っています。甘辛は全く無く、ほんのりカツオの味と香りがします。

また、嫁さんの醤油とんこつのラーメンがバランスが良くまとまりもあって、かなり美味しいかったです。

チャーシューは中心がピンク色になっている見事なローストポークのようなチャーシュー。千葉県で一番美味しいと言われる素晴らしいチャーシューは健在でした。

つけ汁もとんこつスープでスープ割りにするとしょっぱさは緩和され、醤油のカドも取れとかなり美味しいスープ割りになりました。
沢山の種類のスープ(つけ汁)があるのでまた食べに来て、他の味も試してみたいですね。

菜を後にし、二軒目の某店に向かいました。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

櫻坂@渋谷 桜塩ソバ

sakurazaka070221.jpg

「渋谷攻略を一段落させるためにはこの店は外せない」ということで櫻坂へ。

頼んだのは勿論、看板メニューの櫻塩ソバです。

注文して程なくラーメンが出てきました。
今まで他の方の写真を見て、ビジュアルがいいなと思っていましたが本当に素晴らしい。
白いスープの上に白髪ネギと桜のお麩、味卵の黄身が鮮やかでお店の名前のイメージにぴったりです。

まずスープを一口…。鶏白湯のスープで旨味も充分、少し甘さもありますね。この甘さはトウモロコシの絞り汁ということですが、トウモロコシの風味は殆ど感じられませんでした。少々しょっぱ目で非常に分かりやすく美味しい塩ラーメンです。

麺は中太の平打ち気味の麺でスープがしっかり絡んで美味しかったです。

満足し帰り道を歩いている途中、伊豆高原イーグルラーメンののれんを見付けて妙に気になりました。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

一杯で二つの味 麺屋青山@臼井 塩ラーメン

aoyama_usui_sio070218.jpg

日曜日、また家族で麺屋青山@臼井へ。
雨のなか今回もポールゲットです。(笑)

今回の目的は最後に残った通常メニューのあっさりつけ麺と期間限定の塩ラーメンです。

この塩ラーメン、日本テレビのランキングで麺屋青山@富里で紹介されたメニューで、臼井店にも塩ラーメンを求めて来店するお客さんがいたため期間限定ということです。(ただ、いつまでか決まって無く、売れ続けると通常メニューに昇格する可能性もあるそうです。)

今回、店員さんが一人増え、看板娘さんが接客の指導をしながら接客していました。
改めて看板娘さん凄い!∑( ̄口 ̄)!

子供の位置関係を考えて、一番置いてもらって嬉しい所に水やラーメンを置いてくれていたことや細かい気遣いを改めて実感しました。

程なく、ラーメンとチャーシュー飯がでてきました。

メンマを境に左側がホタテ味、右側がカツオ味になっているそうです。まず左側のスープを一口…。ホタテです!旨い!!
次は右側のスープを一口…。おおっ!カツオだ!見事な右側と左側で味わいが違っています!

実はスープは右側も左側も同じ鶏ベースのあっさりスープで、左側はホタテ油、右側は魚粉で味わいの違いを出しているそうです。(富里店も同じらしい)

麺は中太麺でスープをよく吸って、これまた旨い!!右と左で味わいが違って本当に面白いです!

今回、実は今までと大きく変わっていた点が一点ありました。それがチャーシューです。

070218_1111~0002.jpg

今まではチャーシューの煮込みは浅目で炙りによるクリスピー感が強目のバラロールのチャーシューでした。これが煮込み時間を長くしたのか今までより柔らかく、厚みもあるチャーシューになっていました。勿論、炙りもされていました。
これがまた旨い!!先日、「富里店のチャーシューの方が旨い」と言いましたが訂正しなければいけません。互角です!

そのおかげかチャーシュー飯も美味しくなっていてまた嬉しい!

塩ラーメンは二つの味わい見事でした。油と魚粉の力をリアルに感じられる面白く美味しい一杯でした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

魂麺まつい@本八幡 台場恋愛魂麺

matsui070215-2.jpg

昨日の日記の続きです。

知り合いと色々話し、一段落ついたところで次は千葉ウォーカー限定(ラーメン国技館出店記念限定)の台場恋愛魂麺を注文。
知り合いは同じタイミングで鍋焼きらーめんを注文しました。

会話をしながら待っているうちにラーメンが出てきました。
赤のハートと青の星ははんぺん。黄色のパプリカ、オレンジ色の山ごぼう、緑色の葱、赤色のフルーツトマト、きつね色と紫の揚げ茄子に白いスープ、そしてスープにはチョコレートの河が流れています。

なかなかインパクトのあるビジュアル。中年男が食べている構図はなかなか凄いものがあります。(笑)

スープをまず一口・・。旨い!予想外に旨いです。白味噌の味噌スープなのですが、これが意外に甘味が抑えられていて旨い。白味噌の味噌ラーメンというとすごく甘い末広@東陽町を思い出すのですが、意外な程甘味が抑えられています。具として入っているひき肉が旨みを保管していて味噌にスープが負けていません。
スープに浮いたチョコレートも甘みは殆ど無く、コクと香りのアクセントになっていて面白いです。
後で山西店主から聞いた話によると味噌ダレにチョコレートリキュールまで入れているそうです。

麺も味噌魂麺と恐らく同じもので、スープとのバランスも万全です。

見るからにイロモノのラーメンなのですが、やはり魂麺まついだけにしっかりしたものでした。
特に白味噌スープに関しては、通常の味噌魂麺に負けず劣らずよかったです。特に、辛みそとの相性に関しては、味変化が大きくなり面白いかもしれません。

予想以上に驚きの多い一杯でした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

魂麺まつい@本八幡 2月限定 鶏白湯鍋焼きらーめん

matsui070216-1.jpg

金曜日、仕事を終えて電車に乗り込みました。
しかし、一駅進んだ所で人身事故により電車が停車、しばらく動かないのは明白です。
知り合いとまついで待ち合わせしていたのですが大幅に遅れそうになりました。
運良く乗り換えの利く駅だったため、南武線と小田急線を乗り継ぎ新宿まで、都営新宿線も煽りを食らって遅れていたので総武線で本八幡まで行きました。

着いてみると予定より早い。(笑)
とりあえず、ビール、ワンタン、ラーメン2つの食券を購入し、のんびり一杯やっていました。
行列こそできないものの常に満員状態、あかへるさんと藤枝さんのオペレーションも連携が良くスピードが速い!!

ビールが一本片付いたタイミングで知り合いがやってきました。

私は一本飲んだ後だったので一杯目のラーメンをオーダーしました。

一杯目は2月限定の鶏白湯鍋焼きらーめんです。
楽しく会話しながら待っているとラーメンが出てきました。

まずスープを一口…。旨い!!!やっぱり旨い!!!先月も鶏の味が濃かったですが、今月は清湯スープより更に濃いです。多分、醤油は先月と同じ四国の醤油だと思います。ほんのりと甘味のある感じの醤油味です。

麺は中太麺でこれまた旨い!後半になると多少柔らかくなるのですが、その分スープをよく吸って本当に旨いです。

具は鶏肉、つくね団子、かまぼこ、三つ葉、卵なのですが、うどんすき好きの私にはこれがたまらない!
どの具もこのラーメンに本当に合っていて本当に旨かったです。
特につくね団子は柚子の風味がして絶妙の旨さでした。

先月の清湯スープ版と今月の白湯スープ版、どちらも冬限定の定番メニューに是非して欲しい!!
本当に満足した一杯でした。(^-^)

この後、知り合いとの会話も盛り上がって本八幡の夜は更けていくのでした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

さすが渋谷の行列店 はやし@渋谷

hayashi0702.jpg

仕事の移動中、今日は何処をせめるか悩みながら京王線に乗り込みました。
久しぶりに遊か、唯一食べてないブランドの地雷源か、高田馬場、池袋、渋谷…。
悩みます。(^_^;

悩んだ挙げ句、渋谷攻略を一段落させることに決めました。
向かうは、「はやし」です。

小雨の中、はやしの前には5人程度の行列ができていました。意外に回転が良く5分程度で店内へ。
味卵ラーメンの食券を買い注文しました。

程なくラーメンが出てきました。見るからにとんこつ魚介のスープです。太いメンマにチャーシュー、味卵、ネギがトッピングされ、ネギの上には折り曲げたゆずの皮が乗りこれがフワッと香る心憎い演出になっています。

まずスープを一口…。旨いですねぇー!
魚介ととんこつのバランス型のスープでどちらも突出していません。魚粉の粉っぽさも殆ど無く、魚介の香りの演出も適度で飽きません。
麺は中太麺でスープとの相性も良く、茹で加減も絶妙でした。
具については特筆することは無いですが、全体的にレベルが高く全く穴がありません。
流石、渋谷の行列店!と思わせる一杯でした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

久しぶりのホーム らーめん太助@北習志野

tasuke20070215.jpg

月曜日祝日は久しぶりにホームのらーめん太助へ。

繁盛ぶりに嬉しい気分になりながら大盛らーめん+海苔+煮卵を頂きました。
海苔を速攻で娘に奪われ、麺も取り分けた後に気付いて慌てて写真撮影。

スープと麺の旨さとバランスの良さは今更評価する必要は無いと思います、魚介がしっかりと綺麗に効いていて本当にしみじみ旨いです。

12月の麺変更の前はつけ麺には辛口だった嫁さんも、今のつけ麺に大満足。
色々回っても、やっぱりホームはここだと思った一杯でした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋青山@富里 チャーシューつけ麺

aoyama_tomisato0702.jpg

成田山に車の御祓いをして貰いに行った帰りに福一に行こうかと思っていました。
しかし、よく考えれば福一は日曜日が定休日。
一瞬、去年開店した麦屋も考えましたが、嫁さんの強い希望により麺屋青山@富里に行くことになりました。

行ってみると駐車違反だらけで警察が出てくる程行列も25人程度で大混雑。出て行く車にタイミングを合わせ駐車場に車を入れ、行列に並びました。

行列中は色々苦労もしましたが、運良くテーブル席に座ることが出来、早めに食券を渡していたせいかすぐにとんこつ醤油のらーめんとつけ麺、がでてきました。

麺は臼井店で丸太麺として選択可能な麺で文句なしに美味しいです。
つけ汁は、濃厚とんこつ魚介。非常にスタンダードに美味しい味なのですが、臼井店に比べると魚粉の量が多いです。
つけ汁の中のチャーシューは非常に肉厚な焙りチャーシューでこれが素晴らしく旨いですね。ほうれん草も意外につけ汁との相性がいいですね。

ちなみに嫁さんの注文したとんこつ醤油のらーめんのかなり美味しかったです。

特筆したいのは、焼豚のチャーシュー飯。250円でこのクオリティとボリュームは凄過ぎです。

さすが富里店も美味しかったです!

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

rp@新鎌ヶ谷 限定鶏白湯+とりそぼろ飯

rp070210.jpg

今日の目標は麺通さんのケイシュウさんのホーム店のrpです。
三時間無料のジャスコの屋上駐車場に車を駐車して新鎌ヶ谷駅へ。この新鎌ヶ谷駅は、東武野田線、北総鉄道、新京成が乗り入れています。駅構内の連絡通路にrpはありました。

このrpというお店、船橋市前原にあるやぶれかぶれの姉妹店で意欲的に限定メニューを発表しているという面白いお店です。

自分は限定のとりそば+とりそぼろ飯、嫁さんはノーマルの全部入り+チャーシュー麺を注文しました。
このお店は店長さん一人で回しているため、セルフサービスです。

しばらく待ってラーメンが出来、呼ばれたため取りに行きました。

まずはとりそばのスープを一口…。濃度は鶏白湯にしてはライトであっさり。嫌な臭みも無く、なかなか。
麺は平打ちの中太麺で歯ごたえも良く、スープとよく絡んで旨い!
具は鶏肉、玉ねぎ、ジャガイモでスープによく合っています。
こういうじんわりと来る鶏白湯もいいですね。
途中で付いてきた辛味噌をを少しとくと味が変わってまた美味しかったです。

とりそぼろ飯は…。八角!(>_<)
味は文句無しですが、この香りは苦手です。

嫁さんが頼んだ全部入りは、鶏、豚、魚介のトリプルスープの醤油ラーメン。しょっぱ目のスープは旨味も充分でしたが、嫁さんには少々しょっぱ過ぎたみたいです。

これからも様々な限定を発表していくと思いますし、現在も色々なラーメンがあったので次は他のラーメンを食べに行きたいものです。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

でっかいワンタン こうや@四ッ谷 ワンタン麺

kouya0211.jpg

本社への移動中に四ッ谷で途中下車。
向かうは「こうや@四ッ谷」、たんたん亭と並ぶワンタン麺の名店です。

こうやに到着してお店に入りました。
店内が広い!(゜□゜)
6から8人がけのテーブル席が5つくらいあり、カウンターもかなりの奥行きがあります。

カウンター席に案内され、ワンタン麺を注目しました。そして、メニューを見ながら待っていたのですが、メニューに載っていたサイドメニューの手羽先と煮卵が気になり追加注目しました。

すぐに煮卵と手羽先が出てきて、しばらくしてからワンタン麺が出てきました。

薄く白濁したスープに非常に大きな餡がたっぷり入ったワンタンにチャーシュー、メンマ、海苔、万能ねぎが盛り付けられていて、かなりそそるビジュアルです。

まず、スープを一口…。旨い!!!ライトなトンコツスープなのですがスッキリとしながらコクもあり、旨味が深いです。麺は特筆する程ではないのですが、この細目の縮れ麺が本当にスープをよく持ち上げ旨い!!

ワンタンは大きく餡がたっぷりでかなりのボリュームがあります。餡もしっかり練られたタイプでもっちりとした噛み応えで肉汁もたっぷり。これがまた旨い!!

ちなみにサイドメニューですが、一言で言うなら「八角」。味は良かったのですが、私の苦手な香りでした。(^_^;


ワンタンと味とボリュームもさることながら、「これぞ東京とんこつ!」と思わせる見事なスープの一杯でした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん寺子屋 久我@北初富 チャーシューつけ麺&タンメン(冬季限定)

家族でらーめんを食べに行こうということになったのですが、いつもなら太助に迷わず行く所。
しかし、今回は燦燦斗の後藤さんから麺が特に美味しいということでオススメして頂いたらーめん寺子屋 久我@北初富に行くことにしました。

kuga_tsukemen.jpg


車で30分強(渋滞しなければ10分程度の距離)走って、久我に到着しました。

久我の店主さんは、7年修行した後にラーメン寺子屋に入門し、開業して今に至るそうです。

注文したのは、チャーシューつけ麺と冬季限定のタンメンです。

まず、麺を頂きます・・・・。旨い!!この麺旨いです!麺は中太麺なのですが、小麦の香り、味共に良くかなり美味しいです!!
つづけて、つけ汁に浸けて一口・・。旨い!鶏主体のスープに甘味と酸味がそこそこ効いたつけ汁で辛味はわずかです。甘味と酸味のバランスが良く、歯ごたえとつけ汁との絡みのよい麺によく合っています。
印象としては中野大勝軒に近い酸味を利かせたものですが、麺との相性はこちらの方が好みですね。(^-^
チャーシュー、メンマも特筆するほどではないですが、なかなか美味しくレベルが高いです。

嫁さんは、タンメンを注文したので味見をさせて貰ったのですが、こちらはアッサリジンワリくるタイプで一口目こそ物足りなく感じるものの二口目から野菜の旨みとスープの旨みがじわじわやってくるなかなかの一品でした。
野菜もかなりたっぷりなのでタンメンの好きな人にはオススメです。

kuga_tanmen.jpg


後藤さんに勧めて頂いただけのことはあり、麺は本当に美味しかったです。個人的にはつけ麺がかなり良かったですね。

後で調べていて分かったことですが、ラーメン創房「玄」店主さんにして「「13湯麺」も訪問したが、スープ、麺、チャーシュー、そして全体のバランス・・・、「久我」さんの方が、レベルが高いと思った。」と言わしめるほどです。

そんなに自宅から遠くない所に今通っているお店と違うアッサリタイプのお店、しかも嫁さんが気に入ったとなれば、これから時々利用することになりそうですね。(^-^

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

海老! 二代目 海老そば けいすけ@高田馬場

keisuke2.jpg

仕事上がり20:00。
どう考えても間に合うお店の方が少ない、しかもあまり帰宅が遅くなるのは避けたいということで高田馬場へ。
向かったのは海老そばけいすけ、干し海老をつまみに焼酎を飲むのが好きな私にうってつけかと思って向かいました。

お店に入って全部入り海老そばの食券を買って注文しました。サービスライスが付くみたいですが今回は断りました。
しばらく待っているとラーメンが出てきました。ラーメンとワンタン以外の具が別皿って所も凝っています。

まずスープを一口…。こりゃ旨い!!海老の旨味がたっぷりで、これは海老好きには堪りません!
次に麺を一口…。これまた旨い!!スープとよく絡みながらもしっかりとした歯ごたえがあっていいです。

また香油の使い方が秀逸で非常に香りも良く美味しいです。
具の水菜の茹で加減も完璧ですし、山くらげとこのラーメンの相性もいいですね。
鶏チャーシューもパサパサ感は全くなく、なかなかハイレベルです。
また、海老ワンタンもなかなか美味しいですね。

……。
食べ進めるに連れて段々海老がつよくなってきました。
海老味噌独特の生臭さも感じられます。(^_^;)
麺だけを食べているうちは香油のおかげもあって上手く隠れているのですが、麺を食べ終えてスープだけを飲み続けると臭みが前にでてきました。
これが気になって、スープを残してしまいました。(^_^;)

しかし、オリジナリティもあるし、序盤はかなり美味しかったです。
海老味噌が好きな人には強くオススメします。(^O^)/

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

家系克服七番勝負 第一戦 武道家@早稲田

budoya0205.jpg



第二戦以降がどうなるかはわかりませんが。(^^;

私は家系のラーメンが嫌いです。
とにかくカエシの角ばかりが目立ってエグイイメージが非常に強いです。

そんな家系嫌いの私が麺通さんのムーンチャイルドさんの日記でずっと気になっていた武道家に行って来ました。

今までは、漠然と「多分嫌い、きっと嫌い」などと思い続けてきましたが本当に嫌いなのか評価の高い武道家で試すための挑戦です!!

お店に入ると…。
「いらしゃいませぇえ!!」
気合いの入り方が違います。
この声の主は、なかなかのイケメンさん、BBハルクっぽいです。

味卵ラーメン中、海苔ダブル、ライスの食券を買い、しばらく待つとラーメンが出てきました。

茹でたてのような瑞々しいほうれん草が乗っています。今まで、しなしなで不味いほうれん草しか見たことのない立場としては、家系の中でも武道家が優良店であることを確信させてくれます。

……。…?酒井製麺の太麺ってこんなに細かったでしたっけ?(^_^;)
もう過去の嫌な記憶が消え失せてることを再確認。(笑)

まずはスープを一口、う・旨い!…かも…。(何故か弱気)
とんこつは素晴らしく濃厚でいてクリーミー、臭みも全く感じません。しかし、個人的にはカエシが強過ぎてしょっぱい。(^_^;)

次に麺を一口…。旨い!麺の固さも丁度よく、スープのバランスもいいですね。
でも、二口…三口と食べていくとどんどんしょっぱさが増して行くように感じます。

ふと思い立ったようにご飯と麺を同時に口に入れました…。
うわっ!凄く旨い!!!ご飯との相性最高!!スープに浸けた海苔でご飯を巻くと最高に美味しい!!

私は「家系はご飯のおかず」と確信しました!(違う?)

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

祝開店(移転) らーめん 松信@南行徳

千葉のご当地らーめん竹岡式らーめんを提供していた屋台「風来房」は行徳から姿を消しました。
そして心機一転、南行徳において「らーめん 松信」として開店しました。(^o^)/

070205_1940~0001.jpg


住所は市川市南行徳 1-14-10、南行徳駅を南へ直進し、トヨタレンタカーのある交差点を左折して直進すると左側にありました。

お店に入り、開店祝いの挨拶をさせて頂き、まずは竹岡式を頂きました。
070205_1945~0001.jpg


相変わらず、醤油が効いていて旨いですね。また、このチャーシューが本当に美味しいです。乾麺の独特の食感も面白く、本当にいいですね。また海苔とスープの相性は最高です。(^o^

ふと気づくと、隣でデジタルカメラで写真を撮っている方がいます。
もしかして、SNS関係の方かと思い、声をかけてお話を聞いてみると、「喜劇らーめん食べ歩き」のゼータしげっちさんだとのこと!!

「やまらぁ」と並んで文章を書く上でお手本にさせて頂いている方に出会えるとは、本当に出会い系屋台(屋台じゃないか(笑))の真髄を見たような気がしました。

そして、二杯目は松っちゃんらーめんを小豚で。
070205_2044~0001.jpg

カネシ醤油の香りも良く、麺もスープも二郎インスパイアと言っても恥じないものです。
いや、個人的には本物の二郎より好きかもしれません。
本当に美味しかったです。

ごちそうさまでした!

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋青山@臼井 2月限定 オム焼きラーメン

aoyama_usui_070203.jpg

土曜日、オートバックスで買い物を終えた後に家でご飯を食べようということになったのですが、実際帰宅すると…。

嫁「今日は疲れたから、何も作る気が起きない(+_+)」
私「さっき家で食べるっていってたよね。(-"-;)」
嫁「さっきはさっき、今は今!(^O^)」
私「さいですか…。(^_^;)」

と、いう経緯の結果、麺屋青山に向かうことになりました。

開店より20分近く早くに到着し、今日もシャッターの先頭です(^O^)/
しばらく待っていると、次から次へとお客さんが並んでいきます。どうやらテレビで富里店がランクインしたことによって訪れた人もいたみたいです。

私は一瞬躊躇しましたが予定通り限定を大盛で注目しました。正直、オムそばの麺が変わっただけなのかと思っていたのです。

しかし、出てきたのは写真のものでした。正直、やられた(いい意味で)と思いました。(^-^)

薄茶色に色づいた麺、、緑色の万能ネギ、黒い海苔、黄色で半熟のオムレツと味卵、赤いえび、白い貝柱とイカ、茶色のしめじを炒めたものが乗っています。これらの色のコンストラクトが美しく、とても美味しそうです。680円のビジュアルには全くみえません!

まず麺を一口…。凄く旨い!!麺はこってりのつけ麺に使われている平打の低加水麺で、コシがあり、歯ごたえも良く美味しいです。
特に凄いのは味付け、甘めのソースにケチャップ…までは分かりますがそれだけではありません。それだけだと、こんなに酸味の角の全くない、まろやかで奥深い味にはなりません。通常、ソースやケチャップが入ると他の味が負けてしまうほど強い味になってしまいがちなのですが何かがバランスを取ってまとめあげています。
非常に気になったので、看板娘さんに確認するとスープと特製のタレを使っているとのことでした。

麺と半熟のオムレツを絡めて食べるとまろやかさが増してまた旨い!
えびやイカの食感が間、間でアクセントになり全く飽きさせません。
気がつけば、はじめに少し分けてあげた娘がもっと食べたいと半泣きになってました。(^_^;)
仕方が無いので、残りを娘にあげ完食しました。

今回は餃子も頼んだのですが、中華出身の青山氏だけあって流石の旨さでした。

しかし、臼井店の限定も凄くクオリティアップしました。
随一の出来と思った1月に負けず劣らずのオリジナリティのあるビジュアルとクオリティの高く美味しい限定でした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん むげん@行徳

mugen_070203.jpg

こちらは去年開店したお店。
店主さんは、なりたけ@本八幡で店長を務められた方だそうです。つまり弁慶の系統になります。

こちらの店長さんが辞められた後のなりたけ本八幡店の酷さは目を当てられない程でした。
(「私が二度と行くか!」と怒ったくらい恐ろしく不味かった。今では味も持ち直したみたいですが。)

そういう経緯もあって私にとっては注目のお店でした。
お店に入って券売機を見るとなりたけに無いワンタンがあったのでチャーシューワンタン麺の食券を買って注文しました。
すると「細麺と太麺、どちらにしますか?」と聞かれました。なりたけのイメージを持っていたので、驚いて思わず「太麺ってどれくらいの太さですか?」と聞き返してしまいました。
(なりたけは「太麺、固茹で、タップリの背脂」のイメージが強いです)

すると太麺は中太麺ということなので更に驚きました。
また、なりたけと同じく背脂の量も調整できます。

ノーマルは太麺らしいので太麺、背脂普通で注文しました。

しばらく待ってラーメンが出てきました。ベースはなりたけ譲りのビジュアルですが、やはり違いますね。

まずスープを一口…。なかなか旨いです。スープは琥珀色で透明な上湯スープで、甘めの醤油を使った非常に上品な動物系のスープです。これに少な目の背脂がコクをプラスしていながらも、しつこくはないです。

麺は中太麺でスープの絡みもよく相性もいいです。

もやしは茹で加減がよく。チャーシューは脂肪分が少なく柔らかいです。しかし、このチャーシューって妙にまんまるで味も北の大地のチャーシューによく似ています。仕入れ先が同じなのでしょうか?
ワンタンは餡が少な目のタイプですが、皮の感触もよく、噛むと餡から肉の味と椎茸の香りが広がり、このスープによくあっています。

ベースはなりたけを引き継ぎつつも、中身は全く異なるラーメンでした。味的には弁慶というより、香月寄りですね。

ごちそうさまでした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

さらば屋台 風来房@行徳

fuuraibou070201.jpg

先週の金曜日、仕事を上がる直前にメールチェック。
よかった何のトラブルも発生していないようです。

向かうは風来房@行徳、屋台へ行くラストチャンスです。(土日は乳児付きなので難しい)
会社から駅、乗換では走り、乗換に便利な車両を選び、最短時間で行徳に到着…。19:40くらいに風来房に到着しました。

お店に入ると先客一名、松信さんからコムさんを紹介して頂きました。ここからしばらくはコムさんと談笑、梅わりを飲みながらラー話をしていました。

移転のちらしを頂いたのですが、店名を「らーめん松信」に新規一転、南行徳駅近くに移転されるそうです。開店日は二月三日を予定しているそうです。駅から徒歩で来ていた私には嬉しい誤算です。
やっぱり今までは駅から遠かったですから。

しばらくして中華そば+チャーシュー+野菜を注文しました。
個人的に野菜トッピングと中華そばの相性はイマイチと思いましたが、それ以外は相変わらず美味しいですね。(^O^)/
麺もスープも美味しいし、チャーシューの質と量も素晴らしい。
個人的に一番好きなのは海苔、このスープに海苔の味と香りは本当に合いますね。普通のラーメンの海苔よりも海苔の風味を膨らましているように感じます。
海苔増しできると嬉しいなぁ。

いやぁ、やっぱり来てよかった。(^O^)/

コムさんと談笑を続けていると、次々に見覚えのある達がやってきました。
ケイシュウさん->コウタさん、ジャイさん->よしおのしおさん->キクさん

キクさんがいらっしゃった時点で席が足りなくなってしまったため、既に食べ終えている私が退散することにしました。

みなさんに挨拶した後、小雨の中、長きの宿題である二軒目へ向かって消えて行くのでした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

魚介な竹岡式 まごころ厨房@木場

magokoro_takeoka.jpg

毎週一回、自社に帰社します。
この帰社が毎回ラーメン狙いでなかなか楽しいのです。

今日も電車に飛び乗り、どこに行こうか悩みます。…、渋谷、四ッ谷、高田馬場、池袋、門前仲町、木場…。
散々悩み、気が付けば明大前を通過してました。
「ハイ!!渋谷きえたぁ!」
愛川欽也の声が聞こえたような気がします。気がつけば初台…。
これは神が木場に行けと言っているに違いないと勘違いして木場に向かいました。
目指すは吉左右と○心厨房。初めから連食狙いです。

まずは吉左右…。凄い行列…。こんなの待っていたらクビになりますよ。(ノ_・。)

諦めて○心厨房へ、○心厨房も待ちがありましたが、到着と同時に二席空き一方へ座ることができました。

狙うは、煮干し風味の竹岡式!(-_☆)キラン
「できますか?」と確認した所、OKとのことでした。

しばらく待って出てきました。
スープの濃い醤油色、乾麺、玉ねぎ、紛れもない竹岡式のビジュアルです!

まず、スープを一口…。こりゃ、旨い!!竹岡式独特の醤油ダレスープの味わいの中に煮干しとカツオの風味と味わいが乗ってきます。また、これが見事に融合していて全く違和感がありません。

ロッチさんは「お金取っていいのかな?」とか「笑わないで下さいね」とか言っていましたが、本当によくできています。
スープがしっかりとしているのでヤクミにも負けていないですね。

また、麺は固めの低加水麺で乾麺と間違えそうな程、スープをよく吸ってこれまた美味しいです。
風来房と違った表情の竹岡式、これもまた美味しかったです。(^O^)/

帰り道、吉左右を見ると14:00にも関わらず行列は長いまま…。「お前ら働けよ」と心で呟き、「お前もな!」と心で切り返され、本社へと向かいました。
これはシャッター以外に選択肢は無さそうですね。orz

よく考えれば、塩ラーメンも食べて来るんだった。orz

ちなみにこの竹岡式のお値段は500円、麺が無くなるまでの限定ということなので食べたい人は早めに行った方がいいみたいです。
麺の日持ちの関係もあるので提供期間は10日程度かと思います。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ


FC2カウンター
プロフィール

Jax

Author:Jax
中年の子持ちSE。
らーめん大好き。
家族大好き。
でも、食べ歩きは家族に内緒。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2007年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


カテゴリ

最近のコメント
最近のトラックバック
Blogランキング

ブロとも申請フォーム
アクセス解析
Blogペット
ブログ内検索

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。