title.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病み上がり後一杯目 北の大草原@亀戸 辛味噌チャーシュー ラーメン

070328_1155~0001.jpg

病み上がり後の一杯目は「北の大草原」へ。
メニュー毎に違う味噌を使うことで知られる味噌ラーメン専門のお店です。

12時直前とあって、店内はほぼ満席でした。
味噌ラーメンは白味噌が主体、辛味噌ラーメンは豆板醤などが入った味噌、香り味噌ラーメンは麦味噌が主体のようです。
前回は香り味噌ラーメンを食べたので、今回は辛味噌チャーシューラーメンを注文しました。
四種類ある味卵も入れるか悩みましたが、体調に自信も無かったので今回は止めることにしました。

しばらく待ってラーメンが出てきました。


070328_1155~0002.jpg

黒い丼にオレンジ色のトロミのあるスープ、極太のメンマ、たっぷりの野菜とコーン、チャーシューと美しいビジュアルです。
まずスープを一口…。うまい!
中華スープのような独特のトロミのあるスープは、甘めで少しピリ辛で野菜や動物系の旨味があります。
味噌の香りも良く、味噌と油が強いコクを生み出しています。

麺はしっかり熟成された多加水の中太縮れ麺です。スープにトロミもあるので麺にスープがよく絡みます。

麺と野菜をよく混ぜて一緒に食べるとまた旨い!
適度な辛みが濃厚な旨味を飽きさせないのもいい感じです。

風邪からの復活の一杯目としては身体も暖まる最適の一杯でした。
しかし、三日間ろくにものを食べていなかったのですぐにお腹一杯になってしまい少し残してしまいました。

住所 東京都江東区亀戸6-26-4
電話番号 不明
営業時間 11:00~21:00
定休日 不明
席数 カウンター11席
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

新メニュー 13湯麺Yo!@北習志野 とんこつみそラー メン+チャーシュー+煮卵

北習大勝軒を出た後、向かったのは西友。
そう!二軒目は13湯麺Yo!です。
時間も時間なのでフードコートには人影はありませんでした。
070322_2015~0001.jpg

券売機を見ると見慣れないメニュー「とんこつみそラーメン」を注文する事にしました。
食券を渡すついでに荻原さんに挨拶しました。軽く雑談した後、ラーメン作りをお願いしました。

しばらく待ってラーメンが出てきました。
07033002.jpg

まずスープを一口…。とんこつスープの濃度は軽め、臭みもなくクリーミーです。味噌の味はノーマルのスパイシーな感じが大人しくなり、全体的にマイルドになった印象でなかなか旨い!
麺は通常の味噌ラーメンと同じ太麺、これも言うまでもなく美味しい。

しかし、スープがかなりマイルドになった(濃度自体は上がっているのに)ため、麺が強過ぎる所があります。
これは注文する時には細麺を指定した方がいいかもしれません。

荻原さんに感想を伝えると嫌な顔一つせず真剣に聞いてくれました。
まだ発展途上、ラーメンに向かい合う真摯な姿勢にエールを送りたくなる一杯でした。

住所 船橋市習志野台1-35-1 西友新北習志野店B1
営業時間 11:00~21:00
定休日 なし

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

千葉県を代表する大勝軒 北習大勝軒@北習志野 もりそば

先に断っておきますが、これは先週の木曜日の日記です。
子供を寝かしつけた後、嫁さんからラーメン許可命令が出たので大喜びで・・・・。

何処に行こう・・。orz

この日は、木曜日だったので太助はお休み。
一頻り悩む・・。京成大久保・・。八千代台・・・。花見川・・。鎌ヶ谷・・。
そういえば、blogに書いてない有名店があったと思い北習志野へ。
来たのは、ここ北習大勝軒です。
070322_1932~0001.jpg


このお店、先日閉店がニュースにもなった東池袋大勝軒直系のお弟子さんのお店です。
ちなみに千葉県には、ほかにも千葉大勝軒、西千葉大勝軒、君津大勝軒、必勝軒などが東池袋大勝軒の直系のお店として知られています。(孫弟子まで含めると大変なことになるので略)
その中でも北習大勝軒は一番の古株のお店になるのではないでしょうか?

19:20くらいに到着で行列が7人程、待っている間に注文を聞かれたのでもりそばを注文しました。(麺の固さなどのオーダーは基本的にできないそうです)

しばらくすると行列も進み、席についてしばらく待つともりそばが運ばれてきました。

070322_2003~0001.jpg


麺は太麺、太さの割りに柔らかく、コシも弱い独特の食感の麺です。

つけ汁は、分厚いチャーシューが二枚、ゆで卵、極太メンマが具として入っており、表面には少量の背油と粗引き胡椒が浮いています。濃い醤油色のつけ汁です。

このつけ汁、動物、節系の出汁がしっかり効いていて、甘みと酸味は普通か若干弱め、黒胡椒はそこそこ強めではありますが辛いという程ではないと思います。

これが意外なことに麺との相性が良く旨い!!
これぞ大勝軒!という味です。

つけ汁に力があるのは勿論ですが、極太のメンマと厚切りチャーシューがまた旨い!!

しっかりとしたスタンダードを感じさせつつ、ワイルドな強さを持った大勝軒でした。

住所 千葉県船橋市習志野台2-2-14
TEL 047-469-8815
営業時間 11:10~15:00、17:30~21:00(スープがなくなり次第終了)
休日 月曜日、第1火曜日

※土日は、小学生以下のお子様の入店を断られているそうです。理由は子供を行列に並ばせるのは可愛そうだからだそうです。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

千葉拉麺倶楽部 拉通~ra2@神久保 みそ拉

前回の日記の続きです。

二杯目、私はみそ拉を注文しました。
070323_2059~0001.jpg

スープは濃厚な味噌味、白味噌主体で甘めのスープです。
とは言っても末広@東陽町程ではありません。
炒めたひき肉と一緒にスープは焼かれていて、炒めたひき肉の香ばしい香りとひき肉から出た旨みとで非常に美味しいです。

途中でマー油のかかっているところを食べると香りがまた変わって旨い!

麺との相性も良かったです。

具は揚げごぼう、ほうれん草、山くらげ、ひき肉、生キャベツが乗っています。
これらの食感の変化も面白いのですが、個人的には生キャベツはいらないかな。あと、オプションの野菜を乗せるともっと良くなりそうに思います。

個人的には現時点では黒拉がオススメですね。しかし、みそ拉もオリジナリティがありレベルが高いと思います。

070323_2110~0001.jpg


仕上げは手作りの杏仁豆腐です、きなこと黒蜜がかかっています。これがふんわりと柔らかく美味しいです。
食後のデザートに最適でした。

ちなみに下の写真は白拉です。
食べてないので味にはコメントはできません。
次回行った時に食べてレポートしたいとおもいます。
070323_2100~0001.jpg


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

とか言ってた(BlogPet)

昨日、Jaxが

特にプレのチャーシューはローストポークのようで柔らかくジューシーでかなり美味しいです。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「マロン」が書きました。

プレオープン 千葉拉麺倶楽部 拉通~ra2@神久保

070323_2041~0001.jpg

当初、31日にツアーを組もうとおもったものの意外に応募者がいそうに無さそうでした。
そんな時、麺通のやまさんから31日に「行けそうにないからプレオープンに一緒に行きませんか?」とのお誘いがあったので迷い無くお誘いに乗ることにしました。

浜松町で待ち合わせしてra2まで千葉北インターで降りる予定で
したが会話が盛り上がり過ぎて通り過ぎて四街道まで行ってしまいました。(笑)

そんなことがありながらra2へ到着。店に入ると千葉拉麺通信の管理人のRickyさんがおられ挨拶させて頂きました。

このra2というお店は千葉拉麺通信の「拉麺店創成」という企画から生まれました。

お店は4人掛けの座敷席*2とカウンター8席と家族連れでも行くことは充分可能です。
070323_2048~0001.jpg

一杯目は基本メニューの黒拉(650円)を頂きました。

まずスープを一口・・。旨い!!
濃く濁った醤油色のスープのスープは甘めのカエシが立っていて鶏の旨みが効いています。表面の油がコクと香りを増します。
麺はカネジンの中太の平打ち麺で歯ごたえも良く、この甘めの味わいのスープによく合ってます。

具はほうれん草、山くらげ、揚げなると、焙りチャーシューにたっぷりの玉ねぎが入っています。
山くらげは歯ごたえが良くスープとの相性もいいです。焙りチャーシューは焙った香りがよくて柔らかくてこれまた旨いです。
特に良かったのはたっぷりの玉ねぎ、食感がいいのは勿論、噛むと口のサッパリして強めの味のスープと非常に相性がいいです。

さすがオリジナリティに溢れた美味しい一杯でした。

プレオープン期間は3/22-3/30まで営業時間は通常時と同じだそうですが、用意している数量は少なめだそうです。
混むのを避けたい方はこの期間にどうぞ。

【千葉拉麺倶楽部 拉通~ra2@八千代市神久保】

住所:八千代市神久保75-14
   (国道16号線内回り沿い 駐車場完備)
時間:11:00~16:00,17:00~22:00
   ※プレ期間中につき、スープの状態などで早仕舞いする場合があります。
    あらかじめご了承ください。
定休:火曜(予定)

メニュー
070323_2043~0001.jpg

070323_2043~0002.jpg

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

博士が作る! 博士ラーメン別館@鎌ヶ谷 特選醤油チャーシューラーメン

070321_1457~0001.jpg

寺子屋五陣を出たあと、何処へ行くのか迷いましたが博士ラーメン別館に行くことにしました。
博士が開発した無添加で身体にいいラーメンをウリにしている鎌ヶ谷市の老舗人気店です。

駐車場は結構広いのですがほとんど満車です。同じ敷地内には本店もあり、こちらはタイ出身のシェフが作る本格的なタイ料理が有名なお店です。
070321_1458~0001.jpg


15時に到着した時点で別館は行列7人、本当に人気があります。
ただ、このお店は受付の紙に氏名と人数を書く方式なので実際に行列が出来ているわけではないです。

麺通のケイシュウさんが「初めての人には醤油か塩がオススメ」と書いていたのを思い出したので特選醤油チャーシュー麺を注文することにしました。
15分程で店内へ。店内はウッドハウス調でカウンターが5席程度に四人掛けテーブルが3つありました。カウンター席に案内され、注文をした後、程なくラーメンが出てきました。

20070323085448

濃いめ醤油色のスープに分厚いチャーシューのインパクトが強いビジュアルです。
まずスープを一口…。旨い!いや、面白いって方が的確かもしれません。関東風うどんのカツオダシをマグロダシに置き換えて、そこに動物系の旨味が加わった印象のオリジナリティの高いスープです。

麺は太麺、かん水を使ってないせいか中華麺独特の歯ごたえが無く、食感はうどんのようです。ギムネマやゴマが練り込まれている麺でお店の健康へのこだわりが感じられます。

具のチャーシューは分厚くボリュームがあります。味付けは甘めで薄味、煮込んでいる割には固目ですね。個人的にはこのスープにはもっと甘辛い方が合うかなと思いました。

うどんつゆに近い印象のスープにうどんのような麺ですから相性がいいことは言うまでもありません。

今でこそ無添加のラーメン店は増えてきていますが、昔はそんなお店は殆どありませんでした。20年前からこのラーメンを作っていたとは驚愕に値します。
現代でも通用するオリジナリティのある非常に面白いラーメンでした。

住所 千葉県鎌ケ谷市道野辺本町1-15-12
TEL 047-444-3212
営業時間 11:30~23:30
休日 なし

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

不思議にダレない 寺子屋五陣@高根公団 つけ五陣

070321_1354~0001.jpg

今日は運良く時間ができたので自宅周辺の宿題消化へ。
向かったのは新京成線高根公団駅、「寺子屋五陣」です。

寺子屋という名前で気がつくでしょうが、燦燦斗やらーめん太助、寺子屋久我の店主と同じく、こちらの店主さんも13湯麺店主松井氏が主催するらーめん学校「らーめん寺子屋」の出身です。

店内は綺麗で優しい内装で落ち着ける雰囲気があって好感が持てます。少々メニューの表示が五月蝿いところがありますが許容範囲内です。
席は、カウンター10に二人がけテーブル3と意外に広いです。

メニューは通常のラーメンのバリエーション以外に豆乳らーめん、キムチらーめん、きのこらーめんなどが並び、店主さんの研究意欲が透けて見えます。

お客さんは14:00入店の出14:30で先8 後4となかなか繁盛しているようです。

今回はお店イチオシのつけ五陣(850円)を注文しました。
待っている間オペレーションなどを見ていましたが、他の注文も半分近くがつけ麺のようでした。イチオシにするだけあり、評価も高そうです。

20070322090328
程なくつけ麺が出ててきました。
これがかなり美しいビジュアルで、二つくっ付いたような丼に一方はつけ汁、一方には具が盛り付けられています。更に別の丼に麺が盛られて出てきました。

まず麺を一口…。
うん!旨い♪
寺子屋らしい多加水の極細麺でこれがキッチリ締められていてコシと甘みが感じられ旨いです。
水切りはかなり甘めでしょうか?くっくき防止でしょうか?底に結構水がありました。

つけ汁は半透明な醤油色で鶏と昆布が効いていて甘み殆どなし、酸味そこそこで唐辛子が効いたアッサリスパイシーなつけ汁。少々ぬるめです。ゴマが浮いていて、そのまま冷つけでもイケそうなつけ汁です。

麺を浸けて食べると極細麺にゴマとつけ汁がよく絡み旨味と辛味と香りが口に広がって旨い!
つけ汁もぬるめであることも全く気になりません。これは丸長や広島風つけ麺などに共通するような部分を感じました。
ほのかに生姜と山椒の香りも感じましたが、これはイマイチ自信がありません。(^_^;

具は2種類のチャーシューにメンマ、青菜、水菜、ゆで卵、輪切りネギ、白髪ネギ、糸唐辛子。盛り付けが美しいのは勿論、具もそれぞれ美味しいです。
特にピンク色のチャーシューはローストポークのようで柔らかくジューシーでかなり美味しいです。

野菜と麺を一緒に頂くと広島風つけ麺を彷彿とさせまた旨いです。(^O^)

麺に水が張ってあったり、つけ汁がぬるめであったため後半ダレるかなと思いましたが、麺自体の絡みの良さや脂自体が少ないため最後までダレることなく美味しく頂けました。

あまり期待していませんでしたが、予想以上に美味しい一杯でした。

住所:船橋市高根台7-15-10
電話:047-463-3522
営業時間:11:30~15:00,17:30~23:00(スープ切れで終了)
定休日:月・木

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

千葉県ラーメン情報 2007年3月

2003年開店したra2は、千葉ラーメン通信のラーメン店創成企画で生まれたお店でした。数々の県内の有名店を1日だけ誘致するなど常に話題になるお店でした。

そして、2005年5月の二年周年記念イベントを最後に閉店しました。
この最後のイベントは今見ても凄い。

28日前半 「ラーメンみたけ」限定100
28日後半 「麺屋こうじ(現 麺屋青山)」限定100
29日前半 「奥村屋」 限定100
29日後半 ファイナル ra2の店長(現 マンモスラーメンポクポクチン@日吉の店主)のスペシャル


このra2が常設店として帰ってきます。

店名 ra2
開店日 3月31日
場所 千葉県八千代市神久保75-14
最寄駅 北総線 小室駅
京成線 勝田台駅
この駅間を走るバスで行くのがベストだと思います。
地図は住所のリンクを参照して下さい。

詳細や過去の活動についてはこちら
千葉拉麺倶楽部「拉通」
上記コンテンツは千葉県最大のラーメン情報Web「■千葉拉麺通信■」のコンテンツの一つになります。


「やぶれかぶれ@前原で謎が復活」
(ROCKY MUSEUMⅡ(館長日記2)より)
前原(新京成線 前原駅最寄)のらーめん房やぶれかぶれにおいて謎(その日だけのスペシャル限定らーめん)が復活するそうです。

「rp@新鎌ヶ谷閉店へ」
(ROCKY MUSEUMⅡ(館長日記2)より)
4月21日までの営業をもって新鎌ヶ谷駅拡張工事のため閉店とのこと。
店長さんは「らーめん房やぶれかぶれ」に戻って修行を続けられるとのこと。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

二回目! らーめん はたかくる@八千代緑が丘 特製つけめん大盛

20070320085648
今日は娘が風邪をひいてしまったので、嫁さんが夕食を作る気をなくし「はたかくる」へ。

今回は特製つけめん大盛(1000円)を注文しました。

麺は大勝軒系の麺を加水率を上げてコシを強くした印象の麺で今回も美味しいですねー。(^-^)
しかし、麺の量は大盛で300g弱で割高感を感じます。

つけ汁は前回のスープの印象とは違って青葉をアッサリさせた印象。動物系の濃度が前回と違います。
まだブレが収まってないのか、調整中なのか、まだ安定していないのだと思います。
開店直後は何処もこんな感じなので気にしません。

甘酸は殆どなし、辛味がわずかに効いています。香油のおかげでつけ汁が麺によく絡みなかなかバランスが良く美味しいです。

具の量は特製の割にはイマイチですね。

先週がかなり良かっただけに今週は細かいことが気になりました。(それでも充分美味しいのですが)

一方、つけ汁の器を暖めたり、水切りは完璧だったりオペレーションは向上していますね。
これから先が本当に楽しみです。

現時点は普通のラーメンが一番オススメです。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

頑張れ! 多麺多@亀戸 つけめん中盛り+チャーシュー

20070319093639
この日は亀戸で仕事、昼食に錦糸町の話題のお店「離宮」に行こうかと思いましたが今回は多麺多へ。

「イラシャイマスェー」、今日は女性のアジアンさんでした。

今回もつけめんを注文しました。
やっぱり旨いですねー。動物も魚介も程よく効いたつけ汁に挽き肉と玉ねぎのハーモニーは安定感があります。
甘さはそこそこ、酸味は強めで好みが別れる所ではありますがニンニクを少量加えると味に厚みが出ていいですねー。

しかし、11:55に入店し先客1、12:15に店を出るまでに後1。
会社のラーメン好きの先輩や後輩に聞いた所、「亀戸では一番」との評価で評判は悪くありません。
やっぱり呪われた場所なんでしょうか…。

こういう便利なお店が無くなると困るので繁盛して欲しいものです。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

古語で半分見えるの意(BlogPet)

今月のスープでこの完成度は凄いです


麺は多加水の丸太麺が少し固目に茹で上げた青葉っぽい印象ので、駐車場は狭く、出す時は信号停止しているの停止線付近にバックで出さなければなりません
(^_^;)


そんな理由で香ばしい香油の香りが「はたかくる」(古語で半分見えるの意)
なのでしょうが良くこれまた旨い!!


チャーシューも柔らかくジューシーで文句なしで旨い!


開店直後で出さなければなりません
と、Jaxは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「マロン」が書きました。

新店 らーめんはたかくる@八千代緑が丘 らーめん

070310_1557~0001.jpg

今月の頭には既に気付いていたのですが、八千代市にラーメンの新店が出来ていました。

それがこのお店「らーめん はたかくる」です。我が家から徒歩五分程度の所です。
よって、最寄り駅は東葉高速鉄道 八千代緑が丘になります。

このお店、TSUTAYA八千代大和田新田店の近くのT字路に立地しているのですが、駐車場は狭く、出す時は信号の停止線付近にバックで出さなければなりません。(^_^;
しかも非常に見えにくい。Tの字の下の棒側に信号停止しても半分しかみえません。だからお店の名前が「はたかくる」(古語で半分見えるの意)なのでしょうが。

このお店に来る方が向かいのファミレスの駐車場を利用する様子が容易に想像できます。(^_^;

そんな理由で全く期待無しだったのですが、嫁さんの許可を貰って、ものは試しと行ってみることにしました。
当の嫁さんはというと「美味しかったら連れ行って!」とすっかり私は毒見役でした。

お店は新店らしく綺麗な内装。カウンター8席に4人座れる座敷が一つあります。
初めてなのでラーメンを注文しました。

店主らしき人と店員さんが一人居たので、店主らしき人のオペレーションを見ていたのですが、素人っぽく無くなかなか手際よいオペレーションでした。

程なくラーメンが出てきたのですが、これがなかなかのビジュアル。どこかで見たようなビジュアルで正直驚きました。
20070316082538

まずスープを一口…。旨い…。いやかなり旨いよこれ!!
適度に動物系濃度のあり、魚介も程よく効いた甘めのスープで香ばしい香油の香りがします。
濃度を上げた青葉っぽい印象のスープです。

麺は多加水の丸太麺が少し固目に茹で上げられていました。これがスープと相性が良くこれまた旨い!!

チャーシューも柔らかくジューシーで文句なしで旨い!

開店直後でこの完成度は凄いです。
どこかで見たことのあるビジュアル、何処のお店で修行したのかも気になります。

「これは八千代市の一番店になるかも…。」という予感を抱かせるに充分な一杯でした。

住所:八千代市大和田新田917-36
時間:11:30~15:00,18:00~23:00頃
   ※100杯程度で売り切れ終い
定休:不定休
メニュー:中華そば 650円
     特製中華そば 850円
     つけ麺 700円
     特製つけ麺 900円

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

元祖濃厚とんこつ魚介 渡なべ@高田馬場 らーめん

20070315103519
べんてんの後、帰ろうかと思いましたが思い直して渡なべへ。

和風の外観はラーメン店にはみえません。
今回はらーめんを注文しました。

程なくラーメンが到着、濃厚とんこつ魚介のスープは茶濁していて魚粉が所々に見えます。たっぷりのネギが映えるなかなかのビジュアルです。

まずスープを一口…。旨い!
十分に濃厚なとんこつの味わい、濃度をつよく感じさせる舌に纏わりつくような感覚があります。
魚粉も許容範囲で過剰な香りや粉っぽさはありません。
予想程くどさを感じません。

麺もスープとの絡みは適度でバランスもいいです。

中でも、多め入れられたネギが口の中をサッパリとさせ、飽きさせません。

さすが元祖濃厚とんこつ魚介といった味わいでした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

辛い!旨い!深い! べんてん@高田馬場 辛つけ

20070314092823
仕事帰りに高田馬場へ
じげん、純連とかの候補がありましたが、今回は久しぶりにべんてんへ。
川沿いを歩いていくと行列がありました。夜だけにさすがに行列は短く5人程度でした。

ちょうど入れ替わりだったのが10分程度で店内へ、今回は辛つけを注文しました。

程なくつけ麺が出てきました。

まず麺を一口…。柔らか目でありながら歯を押し返す弾力があり、相変わらず喉ごしの良い美味しい麺です。

つけ汁は動物と魚介の旨味が深く程良い玉ねぎの甘みがあり凄く旨い!しかし、前回と違うのは辛味、この辛味がただの辛味ではなく旨味が加わって深みをさらに増しています。
明らかに分かるのはエビ!辛味には干ししエビなどの乾物が使われていて辛いだけでなく旨味が凄く濃厚です。また乾物を使っているおかげか生臭ささは全くありません。
これだけ美味しい辛味がマイナスになるはずがありません、むちゃくちゃ旨いです。

食べ進めは食べ進める程、舌に感じる辛味は増していきますが、同時に半生だった乾物もつけ汁に馴染んでいき旨味も増していきます。

まさに絶品!旨すぎます!
一番つけ麺が旨いと言われることが多い「べんてん」ですが、その名に恥じない見事な一杯でした。

個人的にノーマルよりかなり好きです。(^-^)

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

スパイシー! まごころ厨房@木場 カレー油そば

20070313104822
一杯目を食べ終わり、満足していい気分でした。

二杯目はみそつけ麺とどちらにするか悩みましたが、カレー油そば(550円)を注文することにしました。
このメニューは夏までの限定裏メニューだそうです。

程なく油そばが出てきました。
茶色い麺にもやしとネギ、橋本店主曰わく「東十条インスパイア」のピンク色のチャーシュー、パルメザンチーズがかかっています。パルメザンチーズのうえにはガラムマサラもかかっています。

これをグリグリかき混ぜ一口…、こりゃ旨い!
口の中にカレーの味と香りが広がり、追いかけるようにチーズのコクと麺の甘みがやってきて、最後に辛味がやってきます。

特にパルメザンチーズはスライスチーズ程重くなく、ガラムマサラはカレーの味と香りに鮮烈さと厚みを与えていて、橋本店主のセンスの良さを感じさせます。

また東十条インスパイアのチャーシューが凄く旨い!!柔らかく、噛むと肉汁がじゅわっと広がる素晴らしいチャーシューです。

少々味が濃いめのなので、ご飯と一緒に食べるとかビールのおつまみでもいいかもしれません。

個人的には油そばは、いかに飽きさせないかが勝負になるメニューだと思っています。このカレー油そばは見事にこのハードルを越えてくる油そばでした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

本日発売新メニュー まごころ厨房@木場 塩ラーメン

20070312101423
先週の話です。
来週から塩ラーメンを発売との情報を仕入れたので、仕事帰りにまごころ厨房へ行くことにしました。

先客もなく、ビールと餃子を注文し、遠征予定の話をつまみにして橋本店主と軽く雑談。

そうこうしていると後客が来られたので、塩ラーメンを注文しました。

程なくラーメンが出てきました。

白濁したスープに縮れた太麺、白菜、ニラなどの野菜にチャーシューとメンマとなかなかのビジュアルです。

まずスープを一口…。旨い!!凄い!!
前来た時よりも濃度というか粘度がかなり上がっています。塩はしっかり効いている割に角もなくまろやかです。
また、動物系が強いだけでなく、魚介も動物系に合わせてパワーアップしていて魚介のインパクトも凄いです。
少量加えられた魚粉もクドくなる一歩手前で抑えされていてバランスがいいです。

ミニクイアヒルのちぃ麺は前回も今回も文句なし!本当に美味しい麺です。

途中で旨味が強すぎるかなと飽きかけたのですが、唐辛子の混ざった所のスープを飲むとこれがまた旨い!辛味より旨味と香りのいいこの唐辛子が、旨味が強いこのラーメンにアクセントを与えて飽きさせませんでした。
「個人的には辛い塩ラーメンがベストかも」と思わせるくらいです。

具とスープの相性も文句なし。
旨かったです!

この塩ラーメン、3月12日本日からの発売ですが、しばらくは昼間は数量限定、夜の部は普通に提供するそうです。

私が着いて以降、まごころ厨房には閉店間際までお客さんがひっきりなくやってきました。

私は頑張っているお店には繁盛して欲しいといつも思っています。
橋本店主の努力が実を結び、繁盛していることを喜びつつお店を後にしました。

橋本店主、これからも進化やサプライズを期待してます。(^-^)/

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

マロンはJaxと投入したかったの♪(BlogPet)

マロンはJaxと投入したかったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「マロン」が書きました。

博多長浜らーめん ぼたん@大塚 チャーシュー麺+爆弾

20070310120339
目白丸長の後、少々悩みましたが二軒目にに行くことにしました。
遊@鶯谷や粋な一生@秋葉原も魅力的、しかしコレクションを優先してしまうのはコレクターの性でしょうか。(^_^;
と、いうわけで大塚で下車し、向かうは「博多長浜らーめん ぼたん」です。

このぼたんの店主は「田中商店」出身。兄弟弟子には松戸の「福福」と、私の宿題店が並びます。

大塚駅前の商店街らしき通りに入った所にお店はありました。ガラス張りで外から見ただけでも清潔感を感じることができます。

お店に入るとほんのりとんこつ臭がします。カウンターに座りチャーシュー麺+ばくだんを注文しました。

程なくラーメンが出てきました。見ただけで濃厚さが伝わってくる粘度のあるスープが食欲をそそります。

まずスープを一口…、旨い!!いやはや旨い!!
このとんこつスープはかなり濃厚、旨味も濃く、取りきりのスープでは今までで一番濃厚です!
ここまでの濃度ですからとんこつ臭もあります。しかし、これだけの濃度でありながらよく匂いを抑えています。(個人的にはもう少し臭いくらいの方が好みですが。)
これなら少量の胡椒やにんにくで殆どの方が匂いを気にならなくなるのではないでしょうか。

麺は極細の低加水麺でスープがよく絡み、これを啜ると「これぞ長浜らーめん!」と感じられて本当に旨いです。

トッピングのチャーシューも長浜らーめんとは思えないクオリティで旨い!

テーブルの上には、タレ、にんにく、ゴマ、辛子高菜、紅生姜なども置かれおり好みで調整できるのもいい感じです。
午後の仕事もあるのでにんにく投入を我慢し、ゴマを少量のせました。

また、これが旨い!楽しくなってきます。(^O^)

後半は「ばくだん(辛味のある肉味噌、イカ、海老、ネギ、ニラの入ったトッピング)」を丼にいれました。そうするとまたまた旨味が増し、味が変わって旨い!

固形物を食べ終わったら辛子高菜を丼に追加し、またこのスープが旨い!

本当に何度も楽しむことができました。
九州系のとんこつではかなり好みでした。
福福や田中商店にも早く行きたくなってきました。(^O^)/

高はし@飯田橋で濃度だけでない東京とんこつの良さも感じましたが、今回は濃度の凄さを感じることができた一杯でした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

つけそばの名店 丸長@目白 野菜つけそば

20070309110141
つけ麺の成り立ちを振り返る時、東池袋大勝軒の山岸氏が中野大勝軒での修行時代に開発したことは非常に有名です。
そして、つけ麺は東池袋大勝軒と中野大勝軒を通じて広がっていきました。

しかし、この2つのルート以外にもルートがありました、それは丸長のれん会でした。
東池袋大勝軒、中野大勝軒、栄楽、代々木上原大勝軒、丸信など錚々たる名店が名を連ねる丸長のれん会、これをも通じてつけ麺は広がっていきました。
その一つが今回のお店、通称「目白丸長」です。

戦後間もない頃、長野県から5人の蕎麦職人が上京し、荻窪に丸長という中華料理店を構えました。それが丸長のれん会の原点、通称「荻窪丸長」です。

その後、その5人がそれぞれ独立してできたお店が栄楽、丸信、代々木上原大勝軒などでした。
そして、荻窪丸長の店主である青木氏の弟子や子供たちが丸長というお店を構えました。
その青木氏の娘さんが構えたお店が目白丸長になります。(ちなみに勝田台丸長は青木氏の四男さんが構えたお店です。)

閑話休題。
今日は仕事の移動中に高田馬場で昼食をと思ったのですが、候補の渡なべや純連、べんてんなどに惹きも感じられず、同じブログを始める前の既食店である目白丸長に行くことにしました。
高田馬場を乗り過ごし、目白で下車。目白通りに沿って西に四分ほど歩いた所に丸長はありました。

13:00到着で行列7人、相変わらず人気は衰えていません。勿論、チャーシューメニューは売り切れでした。(ノ_・。)

しかし、ここは回転が速い!10分と待たずお店に入ることができました。

店内は古いながらも活気に溢れていました。個人的にこういう雰囲気はかなり好きです。
今回は野菜つけそば(700円)を注文しました。

注文してすぐにつけそばがでてきました。そう!やたら早く出てきます。(笑)
秘密は麺を茹で置きしていることです。
でも、茹で置きとは思えない旨さは「さすが目白丸長!」としか言いようがありません。
勝田台丸長の二代も参考にしたという目白丸長の麺はコシも強く、味も香りも文句なし!やはり旨いです!

つけ汁はあっさりながらもダシがしっかりしていて、甘辛酸がしっかり効いています。甘みも強いのですが、唐辛子のスパイシーさが飽きることなく最後まで麺を食べさせます。
つけ汁に入っている野菜(もやしとキャベツ)は少々くたびれ気味ですが、不思議とこのつけ汁に合っています。
細切りのチャーシュー、ナルト、メンマもつけ汁と相性がよくいいですねぇ。(^-^)

あっと言う間に完食、「さすが名店!」と言える一杯でした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ベビースター ご当地シリーズ

20070308115654
ネタというか、ストックが切れました。(^_^;

今日は食べに行くので明日を楽しみにしていただければと思います。ごめんなさい。m(_ _)m

仕事帰りにセブンイレブンに行ったら、これらがセットで200円で売っていました。
ネタになるかと思ってつい手がでてしまいましたが、どこが大勝軒なのかさっぱりわかりませんでした。(^_^;
大砲は久留米ラーメン味って感じはありました。

あー、嫁さんと飲むビールの味は苦かったです。(笑)

テーマ:おやつ - ジャンル:グルメ

鯛のまろみ 粋な一生@秋葉原 味卵塩ラーメン

20070307103636
いつも巡回しているブログの一つ、ラーメンマンさんのブログで絶賛されていたので気になり行ってきました。

秋葉原駅を昭和通り口から出、昭和通りを横断した後、北上し脇道に一本入った所にお店はありました。

こちらの店主さんは函館ラーメンを提供している船見坂@銀座で店長をやってらした方だそうです。
そのせいもあるのかこのお店の基本は塩ラーメンだそうです。スープは他に、醤油、味噌、特製醤油が用意されています。
今回は白濁動物系スープと魚介系スープのダブルスープである特製醤油ラーメン狙いだったのですが、早々に売り切れてしまったそうなので塩ラーメン+味卵を注文しました。

程なく塩ラーメンが出てきました。透明感のあるスープに中太の麺、細切りのメンマ、水菜、海苔、チャーシュー、味卵と水菜の緑が栄えるなかなか美しいビジュアルです。

まずスープを一口…。旨い!凄くうまい!
鶏ガラ、とんこつ、野菜から取った動物系スープと鯛のあら、節、昆布から取った魚介スープのダブルはしょっぱ目でありながら、塩の角が全く無く、鯛出汁独特のまろみと素材が一体化した旨みがスープを飲めば飲むほど増していく不思議な感覚があり凄く旨いのです!
また動物系のスープも魚介類のスープも綺麗に取られていて、クセが殆ど出ていないのも見事としか言いようがありません。

麺は多加水の中太麺で、しょっぱ目のスープとバランスが良く、これまた旨い!

水菜は水菜本来の香りが感じられる程、スープとの相性が良く、チャーシュー、メンマもスープの味と相性がいい味付けになっています。

しょっぱ目の塩ラーメンは、何かしら工夫がないと飽きてくることが少なくないですが、今回は全く飽きることがありませんでした。

ラナビに星が一つも無いのが不思議に感じられる程の一杯でした。
手放しで絶賛、いやぁ旨かった!!

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

こうや系東京とんこつ 中華そば 高はし@飯田橋 ワンタン麺

20070306101121
飯田橋で下車し、前から気になっていた中華そば高はしに向かいました。
この中華そば高はしの店主は、たんたん亭と並ぶワンタン麺の名店「こうや@四谷」出身だそうです。

行列で有名なこのお店、混雑の隙間に上手くはまり行列することなく席に座ることができました。

お店は決して綺麗ではないですし、カウンター8席程度ですが、活気があります。
こうや系ということもあり、ワンタン麺(900円)を注文しました。

ほどなくワンタン麺が到着しました。
うっすらと濁ったスープにちぢれた細麺、万能ねぎ、メンマ、チャーシュー、大きく具沢山のワンタンとこうやの遺伝子を強く感じるビジュアルです。

まずスープを一口…。熱っつ!…こりゃ旨い!!スープはとんこつを主体に鶏と野菜で作ったスープで、とんこつの味が本当によく出ています!
塩分はかなり控え目ながら油強目のスープがしっかりしているため物足りない感は全くありません。
若干とんこつ臭を感じますが、私はこれが結構好きなので全然オッケー。

薄味のスープをよく拾うように合わせられてる細い縮れ麺は本当にスープをよく拾い、見事にバランスが取れています。

また、このスープに万能ねぎがよく合います。

ワンタン、メンマ、チャーシューもそれぞれ薄味ながら丁寧に作られていて、本当にかなり旨い!
個人的にチャーシューとメンマがかなり気に入りました。次回はチャーシュー麺ですね。

凄いぞ東京とんこつ!と思わせてくれた見事な一杯でした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋青山@臼井 3月限定 背脂チャーシュー麺

20070305094251
土曜日、この日も限定狙いて麺屋青山@臼井へ。
私は限定の「背脂チャーシュー麺(980円)」、嫁さんはつけ麺こってりを注文しました。

基本的につけ麺よりラーメンの方が好きな嫁さんがつけ麺を注文したのは、ある理由がありました。

とある平日、嫁さんとママ友達がイタリアン系のファミレスに行った時、以下のような会話があったそうです。
嫁「娘ちゃん、何食べたい?」
娘「つけ麺!!(即答)」
嫁「……。」

娘は立派に成長しているようです。(^_^;
閑話休題。
注文した後、程なくラーメンとつけ麺が出てきました。

娘はつけ麺に大喜び。丸太麺を驚く程ガツガツと食べていました。

ちなみに私が注文した3月の限定も美味しかった!

スープの表面には背脂がびっしりと浮き、真ん中に豆板醤と和えられたネギが乗っています。

スープを一口…。旨い!背脂がスープに脂の甘さとコクを加え、味の厚みが増していて旨いです。
また豆板醤に和えられたネギを徐々に溶くと味が変わり、くどさを感じず飽きることなく食べることができます。

麺も太目の中太麺でスープとのバランスもいいです。

具は、先月変わった炙りチャーシューは本当に美味しいですし、味卵の仕上がりも文句なしですね。

インパクトこそ大きく無かったですが、非常にまとまった美味しいラーメンでした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

って言ってたけど…(BlogPet)

こないだ、Jaxが
らーめん国技館では魔術師と紹介された山西店主ですが、その名の華麗今月のマジックも素晴らしいものでした。
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「マロン」が書きました。

華麗なカレー 魂麺まつい@本八幡 三月限定

20070303160531
毎月恒例!
仕事帰りに魂麺まついの限定を食べにいくことにしました。

電車を乗り継ぎ到着したのですが、魂麺まついの厨房はフル回転してます。
みんな忙しそう。(^_^;
更に、久しぶりに山西店主が麺あげしているのを見たような気がします。

ビールで一杯やった後、3月の限定20食ラーメンを注文しました。

作り方も普通のラーメンと違いますね。札幌ラーメンみたいにひき肉を炒めた後にスープを焼いています。

程なくラーメンが出てきました。
黄色いスープにボイルされたブロッコリー、人参、じゃがいも、グリルされたカボチャ、揚げた茄子、温泉卵、パパドというインドのせんべいが盛り付けられています。

まずスープを一口…。まず角の無いしょっぱさを感じた後、追いかけるように旨みが広がり、最後にカレーの香りがやってきます。旨みも深く、それでいて後口がスッキリしていて、これは旨い!!
このスープには秋田のはたはた100パーセントのしょっつる(魚醤)をつかったりしているそうです。

麺は中太麺と平打麺の二種類が入っています。中太麺はスープとよく絡み、噛むと麺の甘味が広がり旨い!平打麺は中太麺ほどスープが絡みませんが、麺本来の旨さを感じられ旨い!
どちらも本当に美味しい麺で、味のコンストラストが素晴らしく旨い!

また、具のどれもが相性が良いいです。
特に、じゃがいもとくるみは素晴らしい!
じゃがいもは噛むとほろりと崩れる絶妙柔らかさで、スープと一緒に食べるとポタージュのような口当たりです。
くるみを噛むとくるみの甘さと風味がスープに更なる深みが増えます。

麺にくるみとひき肉を絡めて食べると「幸せー♪」って感じでした。

らーめん国技館では魔術師と紹介された山西店主ですが、その名の通り今月のマジックも素晴らしいものでした。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

やっぱりホームはここ! らーめん太助@北習志野

20070302105840
TDLの帰り道。
嫁さんが「絶対、太助よ!太助!(^O^)/」と言うので、自分もつけ麺の変化が気になっていたため、らーめん太助@北習志野へ。

途中、強引な割り込みをするトラックに「強引なトラックは絶対に入れてやらん!」とキレたりしながら、何とか太助に到着しました。

着いた時には、子供達は爆睡中。仕方ないので、嫁さんと交代で食べることになりました。

注文は、つけ麺とチャーシュー碗。
またまた進化していました。(^O^)/
お腹もペコペコ、美味しそうなビジュアルに写真を撮るのも忘れてガツガツ食べてしまいました。
よって写真は前々回のものを使い回しました。(^_^;

チャーシュー碗のチャーシューは提供前にフライパンで炒め、甘めのタレをかけて更に炒めててりやきのような感じにしたものがご飯に乗って出てきます。
チャーシューの量こそ大したことはありませんが、格段においしくなっていました。

つけ麺はチャーシューをつけ汁に入れてから提供するようになり、つけ汁にチャーシューを入れると冷えてしまう弱点が解消され、つけ汁側もチャーシューから旨味が出て動物系旨味が一段太くなった印象でした。

これはラーメンと同様に他の人に是非食べて貰いたい域に入ってきました。(^O^)/

開店から10ヶ月、ブレも少なく美味しくなり続けていることにふと気付き、改めて凄さを実感した一杯でした。

濃厚なたんたん亭系 八島@茅場町

20070301104858
三軒目は久しぶりのたんたん亭系、八島です。
日本橋からも徒歩圏内ということで向かいました。

お店はカウンター10席程度に4人がけのテーブル席二つ、比較的新しく清潔感のあるお店で好感が持てます。
テーブル席では軽い飲み会もできるようで、ラーメン店にしては野菜炒めなどのおつまみメニューも充実していて、焼酎のボトルキープもできるようです。
ラーメンは塩、塩エビワンタン、塩チャーシュー、醤油、醤油肉ワンタン、醤油チャーシュー、味噌、味噌ワンタンなどがあり、限定で麻婆ワンタンをやっていました。
今回は持ち合わせが苦しかった(笑)ので肉ワンタン麺(850円)を注文しました。

程なく肉ワンタン麺が到着。
中心に麺、具沢山の肉ワンタン、麺の上にネギ、メンマ、海苔、チャーシューが乗っていて女性店主さんらしく盛り付けが美しいです。

ただ、ビジュアル重視のためか麺が塊になっているので、それをほぐさなければならないのが面倒ではあります。

まずスープを一口…。すごく旨い!スープはとんこつとかつお節の効いたたんたん亭系のスープ。本家より味が濃い目でネギ油がよく合っています。
麺はスープによく絡んで、いやいや旨い!!

肉ワンタンはたんたん亭とは違ってよく練ってある感じで胡椒とニラが効いていて、これまた旨い!
チャーシューもたんたん亭と違って柔らかく味も薄目で美味しかったです。

次回は誰かと来て、飲んで、締めに塩エビワンタン麺を食べたいですね。
再訪問したいと感じさせる一杯でした!

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ


FC2カウンター
プロフィール

Jax

Author:Jax
中年の子持ちSE。
らーめん大好き。
家族大好き。
でも、食べ歩きは家族に内緒。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2007年03月 | 04月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリ

最近のコメント
最近のトラックバック
Blogランキング

ブロとも申請フォーム
アクセス解析
Blogペット
ブログ内検索

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。