title.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームはいい! らーめん太助@北習志野

20070531081536
日曜日

嫁さん「今日は太助にらーめん食べに行くからね!」
自分「意見を聞くまでもなく確定!?∑( ̄口 ̄)」
嫁さん「そう確定!!やっぱり戻ってくるのは太助なのよー♪」

ってなわけで、「らーめん 太助@北習志野」へ。

初めて太助に訪問してから一年、その頃首も座らずただ寝ているだけだった息子。
今では、息子は歩き回りイタズラ三昧の毎日。姉のおもちゃを壊し姉を号泣させるほど立派なカイジュウへと進化しました。
時の流れとは速いものです。

今回は嫁さんがラーメン、私がつけ麺を頼みました。
いつも通り、魚介がガツンと効いた旨いつけ汁ともちもちとした美味しい麺でインパクト充分で本当に旨い!!

ここで予想外の事態が…。
娘「ああっ!!つけめん!…、食べたい。(涙)」
自分「えっ?ラーメン食べるんじゃ…。あげるあげる。しっかり食べなさい。(^-^)」
娘「うん!」
……

娘「もっと!(^O^)/」
自分「はい、どうぞ。(^-^)」
……

娘「もっと!(^O^)/」
自分「はい、どうぞ。(^_^;)」
……

娘「もっと!(^O^)/」
自分「はい、どうぞ。(;_;)」

娘に半分以上食べられてしまいました。(;_;)

そろそろ娘にまるごと一杯食べさせる時期に来ているかもしれませんね。
ちなみに嫁さんは大満足でした。


住所 船橋市習志野台5-40-3
営業時間 11:30~15:00,18:00~22:00
定休日 木
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん まとい@小川町

070518_1122~0001.jpg

一軒目のきびを出、二軒目に向かったのは「らーめん まとい」。
店主さんが「とうかんや@南砂町」出身ということで宿題リストに入っていたお店です。

場所は二代目つじ田の裏側になります。

メニューを見ると、醤油、塩、味噌の各ラーメンとそのバリエーションとつけ麺、坦々麺などがあります。
070518_1135~0001.jpg


今回は、塩ラーメン+味玉を注文しました。
20070530090149

スープは鶏、豚、魚介を合わせたトリプルスープ、魚介油が表明に膜を作っている所はとうかんや譲りですね。
そして勿論これが旨い!!

塩気は角が無く、麺との相性も申し分ありません。

味玉の旨さもとうかんや譲りで、これまた旨い!
とうかんやは南砂町からも徒歩でかなり歩かなくてはいけないので、まといの立地は嬉しい!
きび共々ちょくちょく利用することになりそうです。

勿論、エビ油の塩つけ麺を食べたいので「とうかんや」の再訪問も確定済みですけど。(^-^)

住所:東京都千代田区神田小川町1-4
定休:日曜・祝日
営業:11:00-15:00 18:00-スープ切れまで

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

さわやか♪ 支那そば きび@小川町

070518_1118~0001.jpg

金曜日、前日行った「ぶらり@日暮里」が予想以上に良かったのと麺通さんであるムーンチャイルドさんの日記で気になっていた梅塩つけ麺を狙って「支那そば きび」へ。

実はこのお店、日記を書く前に二代目つじ田で食べた後に連食で二軒目に行ったことがあります。
濃厚なつじ田の後だけに当時の印象は言わずもがな。印象に残っていません。(^_^;
これは100%食べる側の私の不手際なので私にとってもいい教訓になっています。

開店直後のお店に入り、梅塩つけ麺を注文しました。
ボーっと待っていると隣で色々なものを写真に撮るお方が…。
ゼータしげっちさんの時みたいに一瞬声をかけようかと思いましたが、あまりに撮影に一生懸命だったので、邪魔をするのも悪いかと声をかけるのを止めました。(^_^;

閑話休題、しばらくしてつけ麺がでてきました。
20070529084646

これが旨い!
麺は多加水の太目の麺でウェーブがかかったものでした。歯ごたえもよくなかなか美味しい麺です。
そしてつけ汁、これが絶妙。
ベースの鶏のスープがしっかりしていて、若干塩気が強目ではありますが、梅酢の酸味と香り、甘味と紫蘇の香りが絶妙に絡み合った見事なつけ汁です。

これに麺を浸けて食べると旨い!!

麺の脇に付いてくる梅は甘味が強いもので、このコンストラクトも面白いと思いました。

スープ割りをすると一気に前面に鶏が出てきて、また旨い!

さわやかでありながら、本当に面白く旨い一杯でした。

住所:千代田区神田小川町1-7神田小川町ハイツ108
定休:日曜・祝日
営業:11:00~22:00(土~20:00)

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

Jaxが(BlogPet)

Jaxが

この心地よいのある居酒屋、コラーゲンたっぷりのラーメン、独身時代だったら頻繁に利用したかも。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、ブログペットの「マロン」が書きました。

心地よい空間 ぶらり@日暮里

070517_2246~0001.jpg

この日はラーメン仲間の方々と一緒に日暮里の「ぶらり」へ。

小川町にある「支那そば きび」の店主さんが出店したラーメン居酒屋です。
一階がラーメン店、二階が居酒屋となっていて、それぞれ別会計のシステムになっています。

内装は和風の落ち着いた感じ、ゆったりと寛げる感覚で接客も素晴らしい。
焼酎や日本酒のラインナップもなかなかいい感じでこだわりが感じられます。
意外だったのはお刺身の質、予想外に美味しいお刺身でした。

肝心の飲みはと言うと、ラーメン仲間だけあって、会話も香ばしい。(笑)
自分がまだまだだと強く実感させられ(全力で否定されそうな予感(^_^;))ながらも楽しく時間が過ぎていきました。

ある程度時間が経ち、一階へ降りてラーメンを頂くことに。自分は鶏白湯ラーメンの食券を買い、注文しました。

20070528081254

しばらくしてラーメンが出てきました。
事前にしょっぱいとの噂を聞いていましたが、そんなことは全くありません。
ラーメン仲間が話を聞いた所、塩加減を見直したそうです。
鶏の旨味も充分で、上唇と下唇がくっつくような感覚もあり、コラーゲンたっぷり。いやぁ、素直に旨い!!

麺とスープのバランスも良く、また鶏チャーシューが旨いんだなぁ。
この雰囲気のある居酒屋、コラーゲンたっぷりのラーメン、独身時代だったら頻繁に利用したかも。(笑)

女の子を安心して連れて来れるだけでなく、落ち着いて飲むことができるこの雰囲気は貴重ですね。

友達を連れて飲みに行きたくなるお店に出会えたことが素直に嬉しい一杯でした。

住所:東京都荒川区東日暮里5-52-5
電話:03-3805-9766
定休:なし
営業:平日11:00~15:00 17:00~24:00 
   土、日11:00~20:00

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

支那麺はしご@新小岩 太肉坦々麺

070516_1207~0001.jpg

会社の昼休みに新小岩のはしごへ。
ラナビでは、はんつさんのオススメらしく星が一つ付いています。

店内は結構広く、テーブル席もあります。
カウンター席に座り、太肉坦々麺(950)とサービスライスを注文しました。

20070525084137

程なくして太肉坦々麺が出てきました。
スープのベースは鶏を前面においた醤油スープでしっかりとした旨味とコクが感じられます。
そこにゴマと拉油の香りと味が加わり旨い!!

麺は普通ですがスープとの相性はバッチリです。

又、トッピングの太肉は厚く充分な食べ応えあり、薄味がスープに合っています。

大きく特筆することは無かったですが、穴の無い美味しい坦々麺でした。

住所:東京都葛飾区新小岩 1-50-10
定休:無休
営業:11時~翌1時

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

大きく変化 はたかくる@八千代緑が丘

070310_1557~0001.jpg

仕事を終えて帰宅、家に帰りついてみると嫁さんはヘロヘロ。(^_^;
怪獣二人相手に家事をしていれば、こうなるのも仕方ないですね。

自分で適当に晩飯を作るしかないかなと思っていると…「食べてきていいよ」との言葉が!!
やった!と思った瞬間、「私っていいお嫁さんよねー!!日記にもちゃんと書いてよね。(-_☆)」と嫁さんが一言。
もちろんサクッとスルーです。

何処に行くか悩みましたが、味が随分変わったという情報を得ていた「はたかくる@八千代緑が丘」に行くことにしました。
開店直後以来ですから2ヶ月ぶりです。
前回は濃厚な青葉@中野という印象でした。

今回は「特製ラーメン」を大盛で注文しました。
20070524080904

スープは動物と魚介をバランス良く利かせたもので、前回に比べ動物系の濃度を明らかに落としています。
しかし、それによって魚介の旨味が分かりやすくなっています。魚介自体も単調なものでは無く、貝や節など非常に複雑で旨いです。
前回、効いていた魚介油のクセはなくなり、誰もが美味しいと思える味になっていました。

自家製の麺は相変わらず美味しく、スープとのバランスも良かったですね。
具も全く穴がありません。

個人的には前の方がインパクトが強くて好きでしたが、今の方が飽きにくくクセがないので誰もが美味しく食べられるのではないかと感じた一杯でした。

住所:八千代市大和田新田917-36
営業:11:30~15:00,18:00~23:00頃
   ※100杯程度で売り切れ終い
定休:不定休

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

濃厚! まごころ厨房@木場 味噌らーめん

070426_1838~0001.jpg

この日の一軒目は魂麺まついの5月限定でしたから、随分日記が遅れてますね。(^_^;

はてさて、魂麺まついを出た後、西船橋を経由して木場へ。
向かったのは「まごころ厨房」です。

19:30くらいに到着したのですが、結構お客さんがいました。
今回は味噌ラーメン全部入りを注文、もしかしたら初訪問以来の通常メニュー注文かも。(^_^;

しばらくしてラーメンが出てきました。
20070523090427

このラーメンのスープが凄い!!
かなり濃度が高い濃厚魚介とんこつのスープで、複雑で濃厚な味わいがすんげー旨い!

通常メニューのリニューアルで濃度を落としたと聞いていたのですが、いやいやかなり濃厚。味噌ラーメンに関しては、現在の濃度がベストかと思いました。

これに合わせられた浅草開化楼のちぃー麺との相性もバッチリ!!

昔、店主の橋本さんは味噌ラーメンのお店をやっていただけあって、この味噌ラーメンも本当に旨いです。

具も全く穴が無く、特にチャーシューはかなり美味しくなってます。(^-^)

残す通常メニューは、中華そばとつけ麺。全部食べに行きたいところです。(^O^)/

住所:東京都江東区東陽1-25-6
電話:03-3615-2347
定休:日、第4月曜
営業:11:00~15:00 17:30~20:00 
(注)祝日11:00~15:00

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

優しい煮干ラーメン 甲斐@久我山

070511_1152~0001.jpg

仕事の移動中、前回フラれて悔しかった(自分のミスですが)甲斐@久我山へ。

店主さんは荻窪の名店「春木屋」出身だそうです。

前回は下調べもしないで火曜日に来て、定休日を食らってしまいました。今回は開店時間に到着、しかし先客が既に三人、もう人気が出てきているみたいです。

今回は味玉ラーメンとチャーシュー丼を注文しました。
しばらく待って、2ロット目でラーメンが出てきました。
20070522043600

スープは魚介が前面にきて節の味と煮干の香りが鼻をくすぐる昔ながらのスープ、土台となる動物もしっかりしていて深いコクとじんわりとくる旨みがあります。
(煮干しの香りを消せば勝田台丸長のラーメンのスープに似てるかも)

麺も固めに茹でられていて、スープをよく持ち上げて旨い!
特筆すべきはチャーシュー、炭火で焼かれているのかスモーキーな香りがし、柔らかくて凄く旨い!!
スモーキーな香りもスープの味を壊さない程度で絶妙です。

もちろんチャーシュー飯もスープで雑炊ぽくして食べるとバッチリ旨い。(^O^)/

つけ麺もかなり評判のよう、個人にはこのスープなら甘辛酸をガツンと利かせたのを期待したいかな。

優しい煮干しの香りが利いたバランスのいい一杯でした。(^O^)/

住所:東京都杉並区久我山2-27-1
電話:無し
営業:11:30-15/18-21
定休:火

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【新店】台風@茗荷谷

070520_1205~0001.jpg

この日は嫁さんに事前に頼み込んで時間を貰い、新店の台風@茗荷谷へ。

事情があって家を出るのが30分遅れ、お店に着いたのは11:03でした。
すでにお店は開店していて、私は七番目に並び順番を待ちました。

これからがなかなか列が進まない、オペがまだまだなのか席に座るまでに結構待ちました。
そして、やっと席に座ることができました。

店内はカウンター10席程度、新店らしく清潔で内装は大人の雰囲気を感じさせながらも、コップはポップ調で細かいこだわりを感じさせます。
070520_1146~0001.jpg

夜はお酒も飲めるラーメンバーとしても営業するらしく、店内の壁には日本酒や焼酎、洋酒もおいてありました。
070520_1150~0001.jpg



閑話休題、先に食べた何人かの情報を参考に、今回はつけ麺+肉増し+味玉を注文しました。
070520_1147~0001.jpg

メニューの中に友達(400)、子供(400)というのがありましたが、これはラーメンやつけ麺を二人で一杯を食べるとお金を取るってことでしょうか?
それとも割引?
よくわかりません。(笑)
(後で、情報収集した所、友達はおつまみセット、子供はミニラーメンということだそうです。)

しばらくしてつけ麺が出てきました。
20070521053016

麺は浅草開化楼の平打ストレートの特注麺(カラス氏から教えて頂いたので修正しました)です。これがまるできしめんのような印象で食感も面白く滑らかで旨い!!
固いだけと揶揄する人がいたりする浅草開化楼閣の麺ですが、これはそんなことは全くありません。
むしろ、揶揄していた人にこそ食べて欲しい、素直に旨いです!

つけ汁は濃厚魚介とんこつで魚介ダシと魚粉がビシッと効いたもの、とんこつの濃度自体は適度なもので非常にバランスがいい印象です。

麺をつけ汁に浸けて食べると、旨い!!開店時にこのクオリティはかなりのものです。

チャーシューも肉の感じがしっかりしたもので、これまた旨い!

オペレーション、接客など、改善できる点は幾らかありましたが、これからが非常に楽しみな一杯でした。

帰り道、嫁さんから「いいお嫁さんだよねぇ~私って!幸せだねぇ~パパ!」とのメール。(^_^;

まぁ…何と言えばいいか…。
感謝してます。(爆)

住所:東京都文京区小石川5-34-6 シャルマン小石川 104号室
電話:03-3818-2622
営業:11:00~15:00/17:00~売り切れまで
定休:未定

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

どこに行くか悩んだのですが(BlogPet)

ほんとうは、Jaxは

どこに行くか悩んだのですが、今回は初麺屋アレルギーってことで麺屋アレルギー虎洞に行くことにしました。
とか書いてた?

*このエントリは、ブログペットの「マロン」が書きました。

アレルギーでも大丈夫 海空土@都賀 全部入り

070509_1115~0001.jpg

先日購入した千葉のラーメン本で一番気になったお店「海空土」。
気になった理由というのは、店主様の息子さんがアレルギー持ちで、そのためかアレルギーの人でも食べれる無添加のラーメンを提供しているという所に惹かれました。

私の息子は卵白アレルギー持ちなので、量が少ない分には大丈夫ですが、やっぱり痒がるのを見ると安心して食べられるラーメンを思う存分食べさせてやりたいとの思いがありました。

車が混めば一時間と思い、家を出たのですがスイスイと車は走り、40分程度で到着。
またシャッターになってしまいました。(^_^;

今回は初めてなので嫁さん共々全部入りを注文しました。鴨つけ麺は次回へ持ち越しです。
しばらく待って銀色のお盆に乗ってラーメンが出てきました。

20070518080257

勘が良い方は気付かれたと思いますが、この海空土は永福町大勝軒の系統に連なるお店です。店主さんは柏にある永福町大勝軒系の名店「大勝」で修行されたそうです。

銀色のお盆、煮干の香り、スープ表面を覆うラード、と永福町大勝軒の遺伝子が感じられます。

スープを一口…。旨い!!
三種類の煮干を利かせた和風スープは、煮干が前面にきているものの、節系の香りや味もしっかりしていて煮干のクセを見事に抑えています。
蕎麦風のカエシが甘めなのか、スープに甘みが感じられますが、クドくなっているわけではないので、これはアリですね。
煮干、節、動物の旨味がバランス良く無添加とは思えない深い味わいがあります。

麺は永福町系とは思えないコシのしっかりしたもので、スープとのバランスも良く旨い!

チャーシュー、ナルト(天然着色料使用)味玉も文句なし。特筆すべきはメンマで、コリコリした食感と味付けが素晴らしく美味しかったです。

身体に優しいだけでなく、魚介の旨味の深い見事一杯でした。

住所:千葉市若葉区都賀の台4-5-15
電話:043-251-6117
営業:11:30~21:00
定休:火

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋武蔵虎洞@吉祥寺

070508_1334~0001.jpg

仕事の移動中に吉祥寺で下車しました。
どこに行くか悩んだのですが、今回は初麺屋武蔵ってことで麺屋武蔵虎洞に行くことにしました。
13時過ぎに到着した時点で八人待ちでした。味玉ラーメン(850円)の食券を書い、行列に並び15分程で店内へ。

値段は強気ですね。(^_^;

20070517083901

げんこつ、鶏ガラ、イリコなどで取ったと言われるスープはバランスが良く、濃度は高く無いですが、若干甘味もあり旨いですねー。
麺との相性も文句なしで穴が全くありません。
今回、一番気に入ったのはメンマ、シャクシャクした食感が良く旨かったです。
他の具もそつがありません。

ただ気になったのは揚げ玉の質と相性、卓上のトッピングなので元のラーメン自体に影響は無いのですが個人には市販の揚げ玉みたいでイマイチかなと思いました。

しかしながら、ラーメン自体は全く穴の無い見事な一杯でした。

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-7
電話:0422-23-7634
定休:無休
営業:11:30 - 16:00 / 17:00 - 21:30

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

家系克服七番勝負-第二戦 ラーメン虎ノ穴@稲毛

070505_1857~0001.jpg

まぁ、今更言うまでもないですが私は家系が苦手です。(^_^;

横浜に住んでいた時、家の近所にあった○本家や○辰家により、私の中で家系は合わないとの思いを決定付けていました。
確か、両店とも潰れたというのをどこかで見たような記憶がありますが、一応伏せ字にしておきます。

でも、このまま合わないってのを決めつけているのも嫌なので、家系への偏見(?)を克服しようと思い七番勝負をすることを思い立ちました。

第一戦は武道家@早稲田で家系をご飯のおかずとして受け入れることに成功しました。
今回の第二戦、通勤経路上にめぼしい家系のお店が無いため久しぶりになってしまいましたが、やまらぁのやまさんの家系ホームである「虎ノ穴@稲毛」に行くことにしました。
第一戦の武道家@早稲田とは姉妹店の関係になるそうです。

19:00頃到着すると席は満席、待ちも三人いました。
順番が回ってきたので、チャーシューメンの食券を渡し、固め薄目で注文しました。

しばらく待ってラーメンが出てきました。
20070516074306

ビジュアルはまさに家系、ただチャーシューは一般の家系と比べて分厚くなかなか良さそうな感じです。

スープを一口…。うん、旨い!
とんこつ醤油のスープはかなりの濃度があり、トロッとした感じがあります。とんこつの旨みも充分で旨いです。
薄目にしたせいか、カエシのしょっぱい感じもなく、家系の一番苦手なしょっぱさがないのは良かったです。

麺は平打ちで通常の家系より麺は細い麺、恐らく武道家と同じ麺ですね。
この麺がスープをよく拾い、薄味ながらも不足感が無くて美味しかったです。

家系といえばチャーシューがアバウトな印象がありますが、チャーシューもスープで暖められ脂身がトロッと旨いかったです。

今回はラーメンとしても満足できました。(^O^)/

住所:千葉市稲毛区小仲台7-16-6
電話:043-206-2515
営業:11:00~16:00,18:00~24:00
定休:火木

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

歴史を感じる一杯 進来軒@穴川

070505_1821~0001.jpg

かつて浅草に来来軒というお店がありました。
来来軒のラーメンは非常に美味しく、来来軒を真似たラーメン店が大量生まれ、それが東京ラーメンの基礎になったと言われています。

その来来軒も今は無く、その来来軒の味を受け継ぐお店も今は一つしか残っていません。
そのお店は東京ではなく、千葉県千葉市稲毛区穴川に存在します。

そのお店が今回訪問した進来軒です。

繁華街では無く、ゴミゴミした住宅地っぽい場所に進来軒はありました。
駐車場があるはずですが見つけられず、今回は某所に駐車してお店に向かいました。

お店はパッと見はただの中華料理店、中に入ってメニューを見ても中華料理店。
正直、歴史的な価値かなと期待してませんでした。

この日は奥の座敷で宴会があるらしく、厨房はフル回転。忙しそうでした。

席に座り、進来麺を注文しました。
店主さんのオペレーションを見ていたのですが、驚いたのは火力の強さと店主さんの鍋さばき。さすがと言う言葉しか頭に浮かびませんでした。

しばらくして進来麺が出てきました。
20070515081706

濃い琥珀色のスープに炒め野菜のあんかけが乗っています。

スープはこんどう軒@日本橋や13湯麺本店に通ずる昔ながらの鶏の効いた中華スープ、これがまた旨い!!
あんかけはアツアツ、強い火力で炒めたおかげで野菜がまたシャッキリして旨い!!

麺こそ普通ですが見事にバランスがとれてます。
これが600円とは思えません!!

これなら他の中華料理も確実に旨いでしょう。
軽く中華料理を食べたくなった時、間違いなくここに行きそうです。

場所:千葉市稲毛区天台5-6-5
電話:043-251-0204
営業:11:00~15:00,17:00~20:30
定休:月・第3火

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

5月限定 魂麺まつい@本八幡 三元豚チャーシュー麺

20070514081227
仕事を終え、本八幡へ。
いつものごとく、魂麺まついの限定狙いです。

今月の限定は三元豚のチャーシュー麺です。
評判も良く、「早い時間に売り切れてしまうらしい」という評判を聞いていたので楽しみにしていました。
早くに到着し、魂麺まついでの初めてのシャッター、開店までに三人待ちになり開店しました。
限定を注文して、しばらく待っている間に席も大体埋まりました。

程なくラーメンが出てきました。
白濁したスープに背脂が浮き、沢山の炙った三元豚のチャーシューと野菜が乗ってています。

まずスープを一口…。おおっ、旨い!!
複雑で深い動物の旨みに背脂のコクと甘味が加わったスープでニンニクの香りがほんのりとします。
鶏、豚、牛、野菜から取ったスープは白濁ながらもクドさは全くなく、寧ろアッサリとした印象でした。

麺はパスタっぽい幅広の平打ち麺、これがまたスープによく絡み合って旨い!
野菜との相性も文句なしです。

そして主役の三元豚の炙りチャーシューがすごく旨い!
肉の旨みと食感を充分残したチャーシューは、しっかりとした食べ応えがあるもので豚本来の味と食感をストレートに味わうことができます。
元の素材がいいため、固さや悪い意味での豚臭さもありません。
炙ったことで脂が活性化し、香りも良くなっていて、いやぁ、旨い!

大満足しました。(^O^)/


住所:市川市南八幡3-6-17-102
営業時間:平日 11:30~14:00 18:00~24:00
     土曜 11:30~15:00 18:00~24:00
     日曜 11:30~15:00 18:00~21:00
     定休日⇒木曜日 
※木曜日は【13(じゅうさん)】として夜のみ営業


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

とか書いてた(BlogPet)

こないだ、Jaxが

このお店のコンセプトは「角ふじラーメン」、ボリュームとインパクトのあるラーメンがコンセプトだそうです。
とか書いてた?

*このエントリは、ブログペットの「マロン」が書きました。

ラーメンどてちん@公津の森

070501_1233~0001.jpg

麺屋福一を出た後、少々インターバルを置いて先月開店した麺屋青山の三号店「ラーメンどてちん」へ。

13:00頃到着で10人程度の行列でした。
このお店のコンセプトは「角ふじインスパイア」、ボリュームとインパクトのあるラーメンがコンセプトだそうです。

メニューはラーメン(680円)、チャーシューメン(980円)、つけ麺(680円)、チャーシューつけ麺(980円)があり、他にも辛どてラーメン、辛どてつけ麺、味噌ラーメン、味噌つけ麺のメニューもあり、券売機には限定のボタンもありました。

このお店の特徴は麺を増やしても値段が変わらないこと、ラーメンは小(130g)中(200g)大(300g)爆(400g)、つけ麺は小(200g)中(300g)大(400g)爆(500g)から選択可能になっています。

20070511065630

私はチャーシューつけ麺中、嫁さんはラーメン小を注文しました。
070501_1317~0001.jpg


しばらくしてつけ麺が出てきました。
麺は極太麺、ゴワゴワした麺で角ふじっぽいですが、角ふじみたいに苦手に感じることなく美味しいと感じました。

豚は無限大の豚を更に柔らかくなるまで煮込んだような感じで少ししょっぱ目です。

つけ汁には、もやし、キャベツ、豚、揚げ背脂、ガーリックチップが入っていて、表面には背脂が浮いています。
ベースのスープは「角ふじ」と言うより同じ角ふじインスパイアの「じゅうさん」に近い感じで、アッサリスッキリとした印象のもの。
しかし、そこに甘味がわずかに入り、強いにんにくの辛味と香りが印象に残ります。
ここまではラーメンのスープと共通していますが、つけ汁には更に魚介出汁の味が加わっています。

麺に対してのつけ汁のバランスも悪くありません。

成田に住んでいて二郎系のラーメンを食べるのが簡単ではなかった人にオススメの一杯でした。

青山氏の努力により、臼井店は一年間で大化けしました。
同じようにラーメンどてちんが二郎や角ふじを超越した一杯を出すようになるのを今から期待してしまいます。
070501_1235~0001.jpg


住所:千葉県成田市飯田町161-11
電話:0476-27-6858
営業:11:30~15:00、18:00~23:30
定休:無休


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

竹岡式インスパイア 麺や福一@成田

070501_1202~0001.jpg

5月1日
娘を幼稚園に送り出し、息子を保育園に預けた後、一年半ぶりに嫁さんと二人でデート。

デートとは言っても色っぽいことは何一つ無いわけですが。(^_^;
どちらかと言うと「旨い店に連れて行け!」って感じでした。

向かったのは成田、麺屋福一です。
開店前からシャッターで並びました。開店時には8人程度の行列になってました。
店内に入ると意外に広々、カウンター6席程度にテーブル席も二つ確認できました。

070501_1139~0001.jpg

自分は濃口醤油野菜ラーメン、嫁さんは鶏白湯魚介ラーメンを注文しました。

程なくラーメンが出てきました。
20070510084639

スープを一口…。旨い!!
竹岡式を思い出させる独特な醤油とスープの味わいですが、旨味も深くかなり旨いです。
また、炒めた野菜は炒め具合も丁度よくシャキシャキ、油が多めに浮いている所は札幌ラーメンの醤油を思い出させます。
具のチャーシューもかなり旨い、しかも嫁さんの鶏白湯魚介とはチャーシューも麺も違っていて、かなりのこだわりを感じました。
麺とスープと野菜の調和も良く、かなり旨かったです。

ちなみに嫁さんの鶏白湯魚介ラーメンも鶏の味わいも濃厚で魚介出汁とのバランスも良く、かなり美味しかったです。
070501_1144~0001.jpg


これは全メニューを制覇したいですね。
嫁さんも気に入ったみたいですし、時々土曜日に通ってしまいそうです。

住所:千葉県成田市花崎町846-15
電話:0476-22-1978
定休:日、祝
営業:平日11:30~14:00 18:30~23:00 
   月曜18:30~23:00 
   土曜11:30~15:00

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

千葉拉麺倶楽部ra2@小室(八千代市神久保) つけ拉

070429_1838~0001.jpg

限定があったので日記が遅れてますね。(^_^;

実は4月29日分です。
この日はたまたま少しだけ時間ができたので、通常メニュー攻略を目的にra2へ。

今回は「チャーシューつけ拉」を注文しました。多分、大盛だったと思います。

20070509072104

出てきたときにはつけ汁の器に圧倒されました。
アツアツの土鍋をつけ汁の器に使うというのは今回初めて見ました。つけ汁を冷め難くするにはいいアイデアですね。

麺はカネジンの太麺でなかなか美味しい麺です。

つけ汁は表面に大量の玉ねぎが浮き、魚粉も少し浮いてます。魚介の出汁が利き、甘味は殆どなく、辛味と酸味が強い印象のつけ汁。
最近の傾向として酸味を消す傾向にある中、こういうバランスのつけ汁を出すのは面白いです。

しかしながら、ありそうでなかなか無い一杯。酸味の強さは好き嫌いが別れそうですが、酸味を気にしない私には美味しい一杯でした。

住所:八千代市神久保75-14
営業時間:11:00~22:00
定休:火曜日(不定休あり)

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋あらき竈の番人@船橋

070427_1946~0001.jpg

金曜日、仕事を上がりカエルコールすると嫁さんから「食ってこい」との指令が下りました。
時間は既に19:30くらい、都内攻めをしていては帰宅が遅くなり、嫁さんの不評を買うのは明白。
素直に帰り道から大きく外れないことを前提にお店の候補を探します。あらき、まつい、なりたけ、杏樹亭、がんこ11、どうたぬき…。

悩んだ結果、一年ぶりに船橋の日記に書いてないお店「麺屋あらき 竈の番人」に行くことにしました。

麺屋あらきの荒木店主さんは麺屋武蔵の出身ながら、修行先とは全く違う無化調濃厚とんこつ魚介スープのラーメンを提供しています。

船橋駅を背に駅前通りに沿って南下すると右側に「麺屋あらき」が現れました。
お店はカウンター8席程度、店主の荒木さんと他に男性一人、女性一人でお店を回していました。

今回はチャーシュー麺を注文しました。
程なくラーメンが到着しました。
20070508080504

濃厚とんこつ魚介のスープは、なかなかの濃度で魚介はバランスがいいです。
無化調とは思えないくらい旨味を十分感じさせます。

麺はカネジンの中太麺でスープとのバランスも取れていて旨いですねー。

具の炙りチャーシューも充分な歯ごたえと肉の旨味でやっぱり旨いです。燻玉は燻製の香りが不足しているのが個人的に少々不満でしたが、味自体はなかなか美味しかったです。

場所:船橋市本町2-3-3
電話:047-433-2456
営業:11:30~15:30,18:00~24:00(土日中休み無し)
定休:水

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

たんたん亭創業者のお店 支那そば いしはら@西荻窪

070427_1134~0001.jpg

はつねを出た後、駅の北側に周り、向かった先は昨年末に開店した「支那そば いしはら」。
浜田山のワンタン麺の名店「たんたん亭」の創業者が厨房に立つお店です。

もちろん注文はミックスワンタン麺。
えびワンタンと肉ワンタンの両方が入るワンタン麺です。

清潔感漂う店内は、カウンター6席程度。店主さんと女性の二人で営業されてました。

程なくラーメンが到着しました。
20070507062750

チャーシュー、スープ、一般のたんたん亭系ワンタンより大きいえびワンタンと肉ワンタンが各二個、どれも見た瞬間にたんたん亭を彷彿とさせるビジュアルです。

スープはたんたん亭系に共通する動物系スープに節を利かせたもので塩分は抑え目で、たんたん亭@浜田山に近いイメージで旨い!!

麺は特筆する所こそ無いものの、スープとの相性はばっちりでスープがよく絡みます。
えびワンタンは白身魚のすり身と合わせて細かく挽かれているためかプリプリ感は無く、フワフワな印象。しかし、150円の価格差を考えると妥当かもしれません。

肉ワンタンは絶品!胡椒が利いた餡はジューシーで、噛むと肉汁が口の中に広がりめちゃ旨い!!

個人的には圧倒的に肉ワンタン麺がオススメ。
たんたん亭系やワンタン麺が好きな人には是非食べてもらいたい一杯でした。

住所:杉並区西荻北3-22-22 第七フロントビル1F
電話:03-3395-8450
定休:水曜
平日:11:30 - 16:00 / 17:30 - 21:00
土曜:11:30 - 16:00 / 17:30 - 21:00
日祝:11:30 - 16:00 / 17:30 - 21:00

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

きょうJaxで(BlogPet)

きょうJaxで、選択したいです。


*このエントリは、ブログペットの「マロン」が書きました。

旨すぎ!! 麺屋青山@臼井 筑波地鶏の鶏そば(塩)

20070505073515
今日は家族で麺屋青山臼井店へ。
5月限定を頂きに行きました。

開店20分前に到着し行列の先頭、開店する頃には20人程度の行列になっていました。

5月の限定は「筑波地鶏の鶏そば」、味は醤油と塩から選択できます。
最近、大喜の鶏そばに煽られていた自分には願ったり叶ったりのメニューです。
780円の食券に50円を付けて大盛の塩で注文しました。

程なく鶏そばが出てきました。
これがめちゃめちゃ旨い!!
じんわりとしながら、クリアで旨味溢れる地鶏のスープは臭みが全く無く、低加水の麺はパツパツで食感、味、香りどれも文句なしです。
麺はスープをよく吹い、絡み、麺とスープの相性もいいです。

トッピングのもも肉の炙りチャーシューと皮の醤油炙りは醤油の香りが良く、炙りの香ばしさがいい感じ。
胸肉の片栗粉ボイルはジューシー、味が鶏である以外は白身魚のボイルのように驚くほど柔らかかったです。

何よりも地鶏そのものがめちゃ旨い!!
個人的には今までの青山の限定で最高、王道ながらも麺屋青山のオリジナリティもある素晴らしい一杯でした。
手放しで絶賛します!

次は醤油味で再訪問確定です。これは食べないと絶対に損です。

住所:佐倉市稲荷台1-10-2-102
電話:043-461-5898
営業:11:00~14:30,17:30~22:00

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

はつね@西荻窪 ラーメン

070427_1124~0001.jpg

金曜日、仕事の移動中に何処で昼食にするか迷いに迷いました。
新宿、池袋、渋谷、飯田橋、代々木、秋葉原…。
悩んでいるうちに新宿を通過、まだ悩みます。
高円寺、荻窪、西荻窪悩みます。

結局、西荻窪に決めて下車しました。
写真禁止ということが理由で翔丸はいきなり候補脱落。

二軒行きたいので一軒目は駅近の「はつね」へ、タンメンが人気のお店ですが軽く食べたかったためラーメンを注文しました。

カウンター五席の狭いお店ですが、次々お客さんがやってきます。しかも、私が店にいる間に来たお客さん五人中、一人で入ってきた女性が三人と本当に地元に根付いたお店と感じました。

20070504061852

程なくラーメンが到着しました。
写真の撮影許可を求めた所、個人用か確認された後に許可が下りました。
インターネット上に載せるか迷いましたが、商売に利用するわけではないので個人用の範囲内と判断し、載せることにしました。

琥珀色のスープに縮れた中太麺、もも肉のチャーシュー、さやえんどう、焼きちくわとシンプルなビジュアルです。

ラーメン自体も見た目に違わないシンプルなもの、表現するなら「昔ながらの中華そば」。
シンプルで毎日食べても飽きにくい印象がありました、だからこそ地元に愛されているのでしょう。

お客さんの大半はタンメンを注文していました。
次回はタンメンに挑戦したいものです。

住所:杉並区西荻南3-11-9
電話:03-3333-8501 
定休:土曜・日曜・祝日 
営業:11:30~18:00

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

最強の背脂ラーメン 千葉拉麺倶楽部ra2@小室

yositsune1.jpg

今日は早朝から木更津に潮干狩りなんぞにきてるわけですが、既に500人以上の行列です。(^_^;)

潮干狩り自体は娘と嫁さんがするので私は息子の世話で入場口にある公園に息子といます。
で、息子が寝てしまったからメールを書いています。

閑話休題、昨日のラーメンです。
昨日は嫁さんと息子と昼食にra2に行ってきました。

細かい説明より、兎に角写真を見て下さい。
一見、黒地に白の模様の丼見えますが、丼は黒一色、この白色は全て背脂です。

このラーメンはra2の5月限定弁慶インスパイア「義経」です。
元々、嫁さんは来る予定ではなかったのですが、なりたけ大好きの嫁さんは尻込みしながらも味見をしたいとついてきました。

そこにでできたのがこのラーメンです。
20070503093036

通常の背脂ラーメンは「スープに背脂が浮いている」のが正常です。
弁慶やなりたけのギタギタは「背脂にスープが沈んでいる」と形容されます。
しかし、この義経は「背脂にスープが絡めてある」と形容するのが適当でしょう。

真っ白な味付き背脂(もはやスープではない(笑))にもやし、ネギ、メンマ、背脂のソテー、背脂の炙りステーキ、ラム肉のチャーシューと見た目のインパクトだけでもかなりのものがあります。

まずスープ(?)を一口、旨い!!
ベースのスープはアッサリで塩分が強めです。これは弁慶に通じるものがあります。
しかし、違う。背脂自体にとろけたもの、固めのものがあり、背脂自体の食感の違いが面白い!さらに固めの背脂があるせいか、全ての背脂がとろけている「なりたけ」のギタギタよりはスッキリした印象でした。

麺は浅草開化楼の平打ちのちぃー麺。
これが背脂のインパクトに負けることなく、見事にバランスがとれていて旨い!!

他の背脂で作られたトッピングも風味や食感の違いが面白いです。
特にもやしは本当にこのラーメンに合っていて旨い!
ラム肉チャーシューは非常に柔らかく、味付けも適度、しかし私自身が羊肉が苦手なので評価する能力がありません。(^_^;

さすがにスープ(背脂)は残しましたが、大満足して完食。
嫁さんは今回は味見のみ、「次来た時は義経を食べたい」と言っていました。
背脂という食材の魅力を使い切った見事な一杯でした。

住所:八千代市神久保75-14
営業時間:11:00~22:00
定休:火曜日(不定休あり)

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

素材とそれを生かした一杯 とうかんや@南砂町

070426_1752~0001.jpg

木曜日、何処に行くのか悩みに悩んでましたが、ふと思い立ち「とうかんや」に行くことにしました。
仕事を終え会社近くのバス亭へ。

都営バスに乗り、15分程度で亀高橋の停留所に到着しました。
そこから南へ2分程度の所にとうかんやはありました。

開店時間5分前に着いてしまった私は外に張り出されたメニューを見たりして開店を待ちました。

そして、開店時間になり店主さんらしき方に店内へ案内して頂きました。
070426_1755~0001.jpg

ラーメンは醤油、塩、味噌の三種類、つけ麺も同様に三種類あるようです。
また10食限定でえび香油が選択可能のようです。

またサイドメニューの卵かけごはんもかなり卵にこだわっているらしく、店内の掲示が目立ちます。
070426_1800~0001.jpg


今回は、卵かけごはんと同じ卵を使ったという味卵が気になったので小豆島の生醤油を使ったという醤油の味玉ラーメンを注文しました。

待っている間にやってきた後客は全て女性女性ばかりでした。これはかなり驚きました。

20070502075440

程なくラーメンが提供されました。
スープは豚の背ガラのスープ、鶏ガラスープ、魚介スープのトリプルスープ。
カエシに小豆島の生醤油を使ったスープは味わいが複雑で全ての素材が一体化し、旨い!!!
何かが突出しているということがありません。

ちなみに塩ラーメンの塩ダレには室戸産の海洋深層水塩「深海の花」を使っているそうです。

麺は浅草開化楼の中太麺、この麺がまた美味しくスープとの相性もばっちりです。
また、味玉がすごく、黄身は赤みがかったオレンジ色でコクが深く旨い!!
素材としても最高クラスということがよくわかります。

素材を生かした見事な一杯でした。

070426_1754~0001.jpg

つけ麺の麺は浅草開化楼のちぃー麺とのこと、これもまた食べに来たいですね。

070426_1754~0002.jpg


住所:東京都江東区南砂5-21-4
電話:03-5606-8051
営業:11:00~15:00/18:00~21:00
   土曜・祝日11:00~18:00
定休:日曜、月1回月曜(不定)

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

もう一回 匠屋@小岩 塩ラーメン

070424_1224~0001.jpg

会社の昼休憩、金曜日は外出の予定が入っていたので閉店(休業?)前最後の匠屋へ行くことにしました。

お店に入ると店主さんが「まいど」と言って下さいました。
こういう細かい心遣いは嬉しいものです。
今回はもう一つの看板メニューの塩ラーメンを注文しました。

20070501080031

程なくラーメンが出てきました。
僅かに琥珀色がかった透明感のあるスープに多めのラード、ワカメ、ネギ、メンマ、味卵、チャーシューが乗り。
丼の中央には大きな梅干しが鎮座しています。

スープはアッサリとした塩味、ただアッサリしているだけでなく旨味も十分。優しい口当たりが印象的なスープです。

このスープに縮れた中太麺がよく絡み旨い!
後半、梅干しを味見をしながら崩していくと梅の甘味、酸味、しょっぱさが加わってまた旨い!
あれよあれよとあっと言う間に完食。

結局、味噌と匠屋ラーメンは食べられませんでした。
しかし、店主さんが再び厨房に立つことを期待し、復活後には匠屋ラーメンを食べに行きたいものです。

住所:東京都葛飾区新小岩4-8-1
電話:03-3655-7822
営業時間:11:30~15:00
定休日:日・祝

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ


FC2カウンター
プロフィール

Jax

Author:Jax
中年の子持ちSE。
らーめん大好き。
家族大好き。
でも、食べ歩きは家族に内緒。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2007年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ

最近のコメント
最近のトラックバック
Blogランキング

ブロとも申請フォーム
アクセス解析
Blogペット
ブログ内検索

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。