title.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンジー 臨機@西永福

20080519080412
一回目に行った時に気になったメニュー「ガンジーつけ麺」を頂きに臨機@西永福へ。

ランチセットで注文しました。
カレー味のつけ汁に、麺の上にはもやしとニンニクチップが乗っています。

基本的につけ麺のつけ汁+カレースパイスの味わい。
スパイシーな感じでありながらも基本的のつけ汁の味わいを継承したものです。

個人的にはもっとドラスティックな違いを期待していたのですが、その点については少々肩すかし。
期待が大きすぎたんだと思います。(^_^;

しかし、期待とは違ったものの、カレー味にすることで追加されたもやしとニンニクチップとカレーの相性は良く、基本のつけ麺が美味しいこともあり、上質な一杯に仕上がっていました。

最後はつけ汁にご飯を投入してカレー雑炊風にして〆ました。
スポンサーサイト

通常メニューモデルチェンジ 千葉拉麺倶楽部ra2@小室

20080519080409
通常メニューの白拉と味噌拉がモデルチェンジしたということでra2へ。

嫁さんは味噌拉+野菜、自分は白拉チャーシューを頂きました。

この日は息子が暴れて暴れて…。
二歳の怪獣は一時も目が離せません。(^_^;
そんな息子の相手をしている内にラーメンが出てきました。

うっすらと白濁したスープは開店同時の白拉とは全く違うじんわりとした深いコクと旨味を称えたもの。
開店同時はジャンクな印象だったのですが、それとはまるで正反対。

うまかつ氏に聞いてみた所、開店当時とはスープの素材を変え、部位を変えてきたとのこと。
そして現在では化学調味料を殆ど使っていないとのこと。

無化調独特の飲めば飲むほど旨くなる感じがありつつも、一口目に物足りなさを感じない絶妙のバランス。

そして、麺も従来の白拉の麺とは違う中太麺になっていてスープとのマッチングも万全になっていました。

一方、嫁さんが注文した味噌拉は動物系のスープに魚介の旨味が加わって印象がガラリと変化。
個人的に少し軽くなったかなぁと思っていたのですが、後日、野菜なしのバージョンを嫁さんが食べることがあったので聞いてみた所、リニューアル後は野菜無しの方が好みだったとのこと。

野菜追加あり同士ではリニューアル前、野菜追加なし同士ではリニューアル後の方が好みだったそうです。

次は黒拉がどう変わるのか、密かに楽しみだったりしますが、まだ予定されてない模様。
好みになった白拉と限定で黒拉のリニューアルを待ちたいと思います。(^O^)/

本当にハズレ無し 麺喰屋 澤@小岩

20080516080232
20080516080230
何回目の登場「麺喰屋 澤」。

ニンニクチップが載ってる方が坦々麺。
昼の部に行ってメンマ増しで注文。
基本的にラー油と水菜、ニンニクチップが追加されたゴマラーメンといった印象ですが、ただ追加したという印象では無く、追加された具が素晴らしく坦々麺に合っているのが素晴らしい。

辛いものが苦手でなければ、ゴマラーメンより坦々麺の方がメリハリがあって個人的にはオススメですね。

そして、もう一方の写真は塩そば(支那そば 塩)。
夜に行き、常々飲みたかった芋焼酎で一人酒。おつまみメニューの皿ワンタンを頼み四川風のタレでいただきました。
芋焼酎が旨いのは勿論、皿ワンタンが予想以上に良く、特にエビワンタンはエビが更にたっぷりにバージョンアップされていて満足度も高かったです。

焼酎を三杯飲み、〆に塩そばを注文。
これがまた旨い。
醤油と塩なら個人的にはラーメンは醤油の方ががよかったのですが、支那そばは塩の方がいいですね。
いやあ満足しました。

メガ豚煮干つけ麺 福たけ@桜木

20080515080417
20080515080415
この日は家族を連れて千葉市の「福たけ」へ背脂補給へ。

ちなみに背脂補給が必要なのは私ではなく、嫁さん。(^_^;
子供がいるのでなかなかカウンターのみのお店に行けないのですが、基本的に嫁さんは「なりたけ」好きの背アブラーです。

開店前にも関わらず、お店に着いてみると開店待ちのお客さんが二組、開店するころには20人以上になっていました。

開店と同時に席は満席。待合い席も間もなく満席になり本当に繁盛しています。

私は「メガ豚煮干つけ麺」、嫁さんはリニューアルされた味噌ラーメンの「味噌チャーシュー麺」を注文しました。

丁寧な接客、子供客へのお菓子とジュースのサービスは健在、人気があるのも頷けます。

しばらく待って、まずは嫁さんの味噌チャーシュー麺が出てきました。
味噌ダレを変えたというリニューアル後スープは味噌が濃厚な感じ、なりたけ系の味噌ラーメンにありがちな塩分の尖った所は無く、味噌のまろやかさやコクが生きたスープになっていました。
麺との相性もよく、チャーシューは柔らかくて厚みもあり、なりたけのチャーシューを更に数段階改良したような感じで旨かったです。

さて、私が注文した本題の「メガ豚煮干つけ麺」。
これもかなり良かった。

都内で流行っている太麺に濃厚豚骨魚介のつけ汁というつけ麺のパッケージではあるのですが、キチンと福たけの個性を持っているのが素晴らしい。

麺は浅草開花楼製、キチンと茹でられており、やたら固い麺になっていないのが好印象。まごころ厨房@木場にも通ずる茹で加減です。

つけ汁は濃厚豚骨煮干、福たけ自慢の海水で煮た後に干したという煮干しの味と香りが濃厚な豚骨に全く負けず、かなり濃厚な煮干の味わい。
一般的な濃厚豚骨魚介とは全く違う福たけだけのオリジナリティある味に仕上がっています。

店主さんの努力と頑張りが感じられる一杯です。

これに目を付けたのが娘、「美味しい♪パパ、美味しいよ♪」とガンガン奪っていきます。
横からは小さな手(息子の手)が無言で伸びてきて、麺をどんどん奪っていき、気が付けば半分くらい奪われてしまいました。(ノ_・。

次に行くときは、「子供用につけ麺を注文しよう」と固く心に誓ったのでした。

魚粉はアリ? アイバンラーメン@芦花公園

20080514080616
20080514080615
客先の打ち合わせの帰りに各駅停車に乗り換えで芦花公園前へ。

向かったのは「アイバンラーメン」。

アメリカ出身の店主が営むことで有名なお店です。
到着してみると結構な行列、15分程待って席に座ることができました。

注文したのは「塩ラーメン」の全部入りに該当するメニューです。
サイドメニューも他店には無いオリジナリティのある洋風のミニ丼なども充実しており、食べたくなりましたが、ここはグッと我慢。

しばらく待って出てきたラーメンはなかなかのビジュアル。
特に具に関しては、丁寧な仕事が感じられます。

スープは鶏の旨味に溢れ、節の香りと旨味、香味油の香りが口に広がります。
スープと中太麺の相性もよく旨いのです。

穂先メンマは柔らかく、チャーシューは一旦暖めてから提供していることもあり旨い!!

しかし、少々気になったのは油と魚粉の多さ。特に魚粉を飲まないようにスープ飲んでたら丼の底に1cm以上の程度の分厚い魚粉の層ができる程。

オリジナリティ、インパクトを考えればアリだとは思いつつも、魚粉無し油少なめで食べたくなってしまいました。

第3回ラーメントライアウト優勝 麺屋侍@立川

20080513080242
20080513080241
鏡花を出て次に向かったのは立川ラーメンスクエア。
横浜ラーメン博物館、品達などと並び定評のあるラーメンの集合施設です。

立川ラーメンスクエアはラーメントライアウトというイベントを定期的に行っており、第1回の優勝者のお店は今や渋谷の名店となった「凪」。第2回の優勝者のお店は「麺や 優」。ラーメンスクエアにはこれらのお店が出店しています。

そして今回伺ったのは「麺屋 侍」。
第3回ラーメントライアウト優勝店です。

頼んだのは「特製極味」を麺固めで注文しました。

すべて国産素材を使ったという豚骨スープはクリーミーかつ濃厚でありながら臭みが全くありません。
麺は九州とんこつらしい細麺で、スープとの相性も文句なしです。

具のチャーシューもかなり美味しいのですが、特筆したいのは店内に一つ巨大な瓶に入って置かれてる辛子高菜。
シットリしてパサパサ感が無く、唐辛子の香りが活きていて、これが過去に食べたとんこつ系のお店の中でもバツグンに旨い!

スープに加えるとこれまた旨く、満足いく一杯でした。

「見事!」の一言 鏡花@立川

200805090818422
20080509081842
仕事帰りに多摩センターからモノレールで立川へ。

向かったのは「鏡花」です。

店内は純和風、薄暗い土壁などおしゃれな和風バーを思い出させる店内はカウンターが低めで広く、落ち着き感があります。
初訪問ということもあり「極」の醤油を注文しました。

鶏の旨味に溢れたスッキリとしながらも旨味に溢れたスープ、複雑かつ深い香りと旨味の香味脂、具一つ一つの丁寧な仕事、丁寧な接客と非の打ち所がありません。

これぞ名店という見事な一杯でした。

家系インスパイア 麺屋青山@臼井&魂麺@本八幡

20080509081819
20080509081818
麺屋青山臼井店と魂麺で5月限定の家系インスパイア。

両店の連動企画で、スタンプカードを貰い、両店のスタンプを貰えば海浜幕張の増田家のラーメン一杯の無料券になります。

別皿で薬味が写ってるのが麺屋青山の家系インスパイア。

濃厚かつクリーミーながら臭みのない豚骨醤油。
粘度もあり、カエシがしょっぱ過ぎることがなかったのはかなり好み。

これに合わされた麺は形状が通常の家系の麺っぽいのですが、中身が詰まった感のある本当に美味しい麺。

しっかりと燻香のするチャーシューもまた美味しい。改めて考えてみると麺家青山の限定で出てくるチャーシューには何種類もねバリエーションがあることに気付き、引き出しの多さに驚きます。

薬味は家系定番のおろしにんにくと豆板醤、そして黒酢。
おろしにんにくと豆板醤との相性は言うまでもないですが、柔らかい酸味と甘味と旨味のある黒酢との相性も良かったです。
ただ、黒酢自体が香りにクセのあるものなので少しずつ確認しながら加えることをオススメします。

一方、白い丼の方が魂麺の家系インスパイア。
スープは麺屋青山のように粘度のある感じではなく、サラッとしながらも旨味が濃厚。
家系らしいしょっぱめの味は、海苔増しにして、白いご飯が欲しくなります。(笑)

麺はこちらも中身が詰まった感のあるしっかりとした歯ごたえと麺の味が印象に残る太麺でした。

チャーシューは柔らかく、これまた旨いです。
食べていると店員さんがプラスチックの瓶に入った刻み生姜、おろしにんにく、豆板醤を出してくれました。

プラスチック瓶というアイテムにニヤリと反応してしまうのはラヲタの性でしょうか?(^_^;

正直、比較は難しいんですが、どちらもレベルが高く、満足いく一杯でした。

早くも行列 つけ麺椿@池袋

200805080800312
20080508080031
仕事の移動中に池袋へ。
向かったのは「つけ麺 椿」、西新井にある人気店「椿」のつけ麺専門の二号店です。

開店10分前に到着して既に五人待ち。
4月頭に開店したばかりなのにシャッター待ちが居ることに素直に驚きました。

メニューはつけ麺とトッピングのバリエーションのみ、開店と同時にカウンター席は埋まりました。

麺は極太麺、つけ汁は濃厚とんこつ魚介と今流行りのつけ麺のパッケージ。

麺は喉越しの良さが特徴。
つけ汁は濃厚で粘度も高い。
しかしながら、個人的には酸味が強めなのが苦手。

厚さ2cm近くあるチャーシューがかなり旨い。
1500で一本買えるのは嬉しいところです。

帰る頃には店外までの行列になっていました。

CW限定「初夏爽麺」 千葉拉麺倶楽部ra2@小室

20080507080618
土曜日、家族でra2へ。
今回の目的は22日から始まったCW限定「初夏爽麺」です。

お店に入ってみるとカウンター席にマイミクさんが二人も…。(笑)
ビックリしましたよ、嫁さんは「あれが噂の鬼嫁か」と思われるのが嫌だって言ってましたが。(^_^;

何はともあれ私は「初夏爽麺」、嫁さんは「チャーシュー味噌拉」を注文しました。

しばらく待って出てきたラーメンのビジュアルはラーメン版「ソルティドッグ」。
丼の縁に塩が付けられ、ラーメンの上に輪切りの甘夏柑、巨大なあさり、お茶の新芽などが乗っています。

スープはあさりの出汁の効いたアッサリしつつも旨味の濃厚なスープ。
これに合わせられる麺は藤代製麺の夢小麦を使った全粒粉の中太麺。

この麺がもちもちとした食感が印象的で味も香りもかなり強いもの。
この強い麺にスープが全く負けていないのが凄い所です。

丼の縁に付けられた塩もかなり美味しい塩、苦味やいがらっぽさは皆無で海水塩らしい丸みと旨味を併せ持っています。

これに新茶の香り、甘夏柑の優しい酸味がよく合っていて旨かったです。

仕上げは甘夏柑のゼリー、これまた程よい甘さで旨かったのですが子供達に大半を奪われてしまいました。(ノ_・。)

FC2カウンター
プロフィール

Jax

Author:Jax
中年の子持ちSE。
らーめん大好き。
家族大好き。
でも、食べ歩きは家族に内緒。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2008年05月 | 06月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリ

最近のコメント
最近のトラックバック
Blogランキング

ブロとも申請フォーム
アクセス解析
Blogペット
ブログ内検索

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。